ライター : SATTO

おいしい食べ物とお酒が大好きな、東北出身、東京在住の主婦です。

漬けるて食べる。島らっきょうのおすすめレシピ7選

1. シャキシャキおいしい。島らっきょう塩漬け

シャキシャキ食感をたっぷりと楽しめる島らっきょう塩漬けは、味がしみ込みやすい食材です。下処理をした島らっきょうに塩を揉みこんで、ひと晩置くだけでできあがりの簡単レシピ。下処理の際に水分をしっかりきっておくことがポイントです。水分が多いと早めに傷んでしまうので注意しましょう。

2. うま味たっぷり。島らっきょうの甘酢漬け

らっきょうといえば甘酢でしょ!という方におすすめのひと品です。こちらは塩漬けにした島らっきょうを、さらに甘酢に漬けるというもの。ふたつの味を楽しめることも魅力です。ダシを使うため、うま味をたっぷり味わうことができますよ。

甘めが好きな方は砂糖をレシピより少し多めに、あっさりが好きな方は少なく入れて、自分の好みの味に調整しましょう。

3. シンプルでおいしい。島らっきょうの浅漬け

2日間塩漬けにした島らっきょうに、かつお節とだし醤油をかけていただくレシピです。シンプルな味付けで、島らっきょうのうま味をたっぷりと味わうことができるので、ごはんの副菜のほか、おつまみにもおすすめ。かつお節の風味が島らっきょうによく合うひと品です。

4. おつまみに最適。島らっきょうの塩麹漬け

島らっきょうを塩麹と昆布に漬け込みます。冷蔵庫で3~4日間漬け込むので、ほんのり甘い塩麹と昆布のうま味が島らっきょうにしっかりと移り、絶妙な味わいに。食べるときにかつお節をふりかけるのもおすすめです。おつまみにもぴったりですよ。

5. 味わいが増す。島らっきょうのハチミツ酢漬け

ハチミツを使う島らっきょうの甘酢漬けです。鍋で煮たアツアツの漬け汁を、島らっきょうにかけることがポイント。時間がたてばたつほど味がしみておいしくいただけます。冷蔵庫で2週間程度保存できるので、常備菜としても大活躍のひと品です。

6. 辛みが効いた。島らっきょうの薬味醤油

島らっきょうの塩漬けといっしょに、茎を薬味醤油に活用するレシピです。島らっきょうは加圧式の漬物容器で漬けると、仕上がりの調整が可能。余った茎を使って作る薬味醤油は、冷奴にぴったりです。本格的な味わいの薬味醤油が、とっても簡単にできますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ