ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

農家さん直伝!らっきょうの酢漬けの作り方

6〜7月にかけて旬を迎えるらっきょうで、季節の手しごとを楽しんでみませんか?

本記事でご紹介するのは、丁寧に作れば1年以上は保存できるらっきょう漬けのレシピ。旬の味を長く楽しむことができておすすめです。

「らっきょうの酢漬けは、実はもちろん漬けた酢もいろんな料理に利用できますよ。酢のものや南蛮漬けの味付けに使うのもおすすめ」と話すのは、らっきょう農家井上農園の井上紗智子さん。

井上農園は、らっきょうの名産地である鳥取県福部町(ふくべちょう)で、らっきょうの栽培や、新鮮ならっきょうを熟成させた黒らっきょうの販売などをしています。

らっきょうのおいしい食べ方を熟知している井上さんに、おいしいらっきょう漬けの作り方を教わりました。上手に仕上げるポイントや失敗しないコツもあわせてご紹介します。

らっきょうの酢漬けレシピ

調理時間:40分(漬け込む時間を除く)

「らっきょうを選ぶときは、白くてハリがあり、芽が出ていないものを選びましょう。らっきょうは生命力がとても強いので、芽が出やすいんです」と井上さんはいいます。

また、スーパーには5月中旬かららっきょうが並びはじめますが、6月以降に販売されているものがおすすめだそうです。しっかりと育ち実が詰まっているんだとか。まさに今がいちばんおいしい時期です。

材料

Photo by macaroni

・らっきょう(根付き)……1kg
・赤唐辛子……1〜2本
・らっきょう酢……らっきょうが浸かる程度
・氷砂糖……50〜100g(お好みで)
・塩……20g

作り方

1. 茎と根を切り、外側の皮をむく

Photo by macaroni

水洗いした根付きらっきょうの、茎と根の部分を切り落とします。また、口当たりをよくするために外側の皮を1枚むいてください。

2. 塩をまぶし、水洗いする

Photo by macaroni

皮をむいたらっきょうに塩をまぶし、少し馴染ませたら水で塩を洗い流します。

3. らっきょうを沸騰したお湯にくぐらせる

Photo by macroni

沸騰したお湯にらっきょうをくぐらせます。ゆでてしまうと食感が悪くなるので、サッと10秒ほど、くぐらせる程度でOKです。

Photo by macaroni

サッと加熱したらっきょうを、ザルやバットに移して熱を取ります。このとき、水にはさらさずに自然に冷めるのを待ちましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ