ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

教えてくれた人

Photo by Yonjoung Kim

韓国料理研究家/キム・ヨンジョン
韓国出身、2人の男の子の母。料理教室「韓サモ hansamo」を主宰。企業の韓国料理外部講師や韓国料理フェアの監修、そのほかテレビや雑誌になどで幅広く活躍中。日本でも手に入りやすい食材で作る、本格的な韓国料理のレシピを数々発信している。

韓国料理研究家が教える本格水キムチのレシピ

Photo by macaroni

調理時間:1時間30分(※漬け込む時間を除く)

韓国ではお馴染みの「水キムチ」。酸味のある汁ごといただく、さっぱりとした辛くないキムチです。“手作りキムチ”と聞くと少し構えてしまう方が多いと思いますが、水キムチなら漬けた翌日には食べることができて、気軽にチャレンジできます。

さらに、あるものを使用するとより簡単においしい水キムチを作ることができるそう。その食材とは……。

Photo by macaroni

なんと、甘いサイダー。韓国では調味料として使われることが多いそうですよ。

「キムチを作るとき、主に塩と砂糖、水などを加えて調味するのですが、初心者の方には分量の調節がむずかしい。そこで、元からちょうど良い甘味に作られているサイダーを使うことで、簡単に味が決まります。砂糖を使うよりもさっぱりとした甘味がつくので、韓国人も好んで使っていますよ」とキム先生。

そこでこの記事では、サイダーを使う本格的な水キムチのレシピをご紹介します。旬の大根をおいしく味わいたい方や、韓国料理のレパートリーを広げたい方必見です!

材料(2〜3人分)※2週間で食べ切るくらい

Photo by macaroni

※小ねぎは実際の分量と異なります。
・大根(葉に近い上の部分、皮付き)……500g(1/2本)
・にんじん(皮付き)……100g(1/3本)
・小ねぎ……100g(1束)
・にんにく……15g(3片)
・しょうが……7g(1/2片)
・サイダー(加糖)……200cc
・水……1L
・塩(野菜塩漬け用)……大さじ1と1/2杯

〈仕上げの調味用〉
・塩……大さじ1/2杯

〈キムチのり〉
・上新粉(または小麦粉)……大さじ1杯
・水……100cc

下準備

・キムチのりを作る。上新粉と水を鍋に入れて中火で加熱し、とろみがついたら火を止めて冷ましておく

作り方

1. 野菜を切る

Photo by macaroni

大根は長さ4~5cmに切って皮をむき、縦3cm 横1.5cmくらいの拍子切り、にんじんは薄い短冊切り、小ねぎは5cm程度のざく切りにします。にんにく、しょうがは薄いスライスにします。

Photo by macaroni

「日本の大根は韓国のものに比べてやわらかく、キムチにするには少し歯応えが物足りません。葉に近い上の部分であれば比較的硬いので、漬け込んでもパリッとした歯ごたえが残ります。

にんにくとしょうがは、すりおろすと漬け汁が濁ってしまうのでスライスして加えましょう」

2. 大根、にんじんを塩漬けする

Photo by macaroni

ボウルに大根、にんじん、しょうが、にんにくを入れ、塩(野菜塩漬け用)を加えてよく混ぜます。

「先に大根とにんじんだけに塩を混ぜておくのがポイント。少ししたら水分が出てきます。この水分が重要ですので、捨てずに取っておいてくださいね」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ