上品な味わいの白身魚♪「カワハギ」の旬や選び方、おすすめ料理7選

変わったルックスながら、上品な味わいの白身魚「カワハギ」。身はもちろんのこと、その肝は「海のフォアグラ」と呼ばれるほどの美味の魚です!ここでは、「カワハギ」の旬の季節や選び方、おすすめ料理7選をご紹介。ぜひ参考にしてみてください♪

2018年11月29日 更新

カワハギ料理の仕方

「カワハギ」といえば、ちょっと変わったルックスをしている魚。名前の由来は、皮を剥いで調理することからきています。その身はフグやヒラメと並べられるほど上品な味わい!肝は、「海のフォアグラ」と呼ばれるほど美味な魚です。

カワハギの旬と選び方

「カワハギ」には、ふたつの旬があるといわれています。身の旬は、夏の7月から8月ごろ。その頃の身は絶妙な脂がのっています。

一方、肝の旬は、秋から冬の11月から2月ごろ。この時期の肝はまさに「海のフォアグラ」といった味わいです。

「カワハギ」は皮が厚いので、はっきりと鮮度を見分けるのがむずかしい魚。それでも目と皮で鮮度を見分けることができます。目は澄んでいるもの、皮はザラザラしていてハリのあるものを選びましょう。

お刺身に◎基本のさばき方と肝の取り方

さばき方

「カワハギ」をお刺身にするには三枚におろして使いましょう。まず、口と頭の角、お腹のしたの固い骨をカットします。そして、口のところに切れ込みを入れて皮を剥ぎます。つぎに頭の部分を取り除いて三枚おろしに。あとは食べやすい身を薄く切っておきましょう♪
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう