東京でも味わえる!会津グルメ「わっぱめし」が食べられるお店5選&おすすめレシピ

「わっぱめし」はご存知ですか?曲げわっぱにごはんといろいろな魚介が盛り付けられている、新潟や会津の郷土料理です。ここでは、おいしいわっぱめしを食べられるお店と家で作れるお手軽レシピ、曲げわっぱの通販サイトなどを詳しくご紹介します。

2018年11月30日 更新

わっぱめしとは

「わっぱめし」というのは、曲げわっぱと呼ばれる杉やひのきの木を曲げて作ったお弁当箱に、薄いおダシで炊いたご飯と鮭やいくらなどの具材を詰めて蒸した料理。昭和27年に、新潟県にある「田舎家」という和食店の主人が考案したそうです。

いまでは新潟の郷土料理として知られていますが、福島県の会津若松でもわっぱめしは名物になっています。東京でも、東北の郷土料理店などに行けばわっぱめしを食べられますよ♪

日本の人気わっぱめしと名物店5選

1. 魯山人監修の元祖わっぱめし!「わっぱ飯 田舎家 新潟古町店」

いくらがたっぷりのった、わっぱめしの元祖「田舎家」の「鮭親子わっぱ」。

出典:gaff.gurunavi.jp

1,500円(税抜)

「わっぱ飯 田舎家 新潟古町店」は、新潟の郷土料理や地酒昭和27年に美食家の北大路魯山人監修のもと、わっぱめしを誕生させた元祖です。一番人気の「鮭親子わっぱ」は、新潟コシヒカリ使用のごはんに、鮭といくらがたっぷり!

店舗情報

■店舗名:わっぱ飯 田舎家 新潟古町店
■最寄駅:JR新潟駅万代口より車で7分
■電話番号:050-3467-5136
■営業時間:
ランチ11:30~14:00
ディナー17:00~22:00(日曜/祝日21時まで)
■定休日:不定休日あり
■禁煙・喫煙:喫煙可
■公式HP:https://inakayaniigata.owst.jp/

2. 新潟の海の幸をてんこ盛り!「越後茶屋 古町酒房」

鮭、いくら、サーモン、カニ、ホタテ、甘エビなどをふんだんに盛り込んだ、「新潟名物 わっぱ飯」。

出典:gaff.gurunavi.jp

1,480円(税込)

「越後茶屋 古町酒房」は、日本海から水揚げされたばかりの新鮮な魚介が自慢の和食店です。名物のわっぱめしは、鮭、いくら、サーモン、カニ、ホタテ、甘エビなど、新潟の海の幸がふんだんに盛り込まれた逸品。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう