3.しょうがとにんにくをすりおろし、マリネ液を混ぜ合わせる

Photo by uli04_29

すりおろしたしょうがとにんにくをボウルに入れ、マリネ液の材料をすべて混ぜ合わせます。まんべんなく塩が混ざるように、よく混ぜておきましょう。

4. もも肉をマリネ液に漬けてもみ込む

Photo by uli04_29

もも肉に混ぜ合わせたマリネ液をもみ込みます。手で直接もみ込みたくない場合は、ポリ袋にもも肉とマリネ液を入れるか、スプーンでしっかり混ぜましょう。

5. 3時間以上おく

Photo by uli04_29

マリネ液をしっかりもみ込んだら、冷蔵庫で3時間以上ねかせます。時間がなければ、省略してもOKです。

6. 表面をこんがりと焼き、3分間蒸し焼きにして完成

Photo by uli04_29

3時間以上もも肉を漬けたら、フライパンを火にかけて油(分量外)を注ぎます。中火でもも肉の両面をこんがりと焼き、フタをして3分ほど蒸すように焼いたら完成です。

タンドリーチキンを作るときのコツ

Photo by uli04_29

もも肉の焼き方・扱い方に注意

もも肉は焼くと縮んでしまうので、食べごたえを出すためにも大きめ(5~6cm)に切るのがポイント。マリネ液にしっかり漬けることで、味が馴染み、肉質がやわらかくなります。前日の夜に漬けておいて翌日焼くのもおすすめですよ。 フライパンで焼くときは、表面を焼いてから蒸し焼きにするのがポイント。先に表面を焼いてコーティングし、うま味を逃がさないようなイメージで焼いてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS