その理由は?

イシモチがおいしく食べられる期間が長いのには理由があります。春は産卵期でおなかに卵を持っているから。いしもちの卵は煮つけにしていただくことができます。また、冬においしくなる理由は、脂がのっているからとも言われています。

釣る場合の仕掛けは?

仕掛けは基本的にはアオイソメを使います。ですが、こちらは苦手とする方も多いので、サンマの切り身を使う方地域もあるので、どちらを使ってもいいそうですよ。投げ釣りでは6~11月、沖釣りでは12月~3月と、通年通して釣ることができます。

イシモチのおいしい食べ方

イシモチは釣ったその場で適切な処理ができていないと、鮮度がどんどん悪くなるお魚です。活締めにし血抜きしたイシモチならお刺身としていただくのが◎ ほかにも塩焼きや煮つけや天ぷらにもおすすめです。淡白なのにうまみのあるお魚なので、どんなお料理にもピッタリなんです。 ソテーやムニエル、アクアパッツァなどの洋食にも。ただ、骨が多いお魚なので食べるときや煮物にするときなどに注意が必要です。

イシモチのおすすめレシピ5選

1. イシモチのムニエル

ローズマリーの香り豊かなイシモチのムニエルレシピ。難しい手順は一切ないので、なじみのない方でも作りやすいひと品です。気を付けることは、買ってきたイチモチの場合は、すぐに調理してあげること。お好みでバルサミコ酢をかけてくださいね。

2. イチモチの簡単味噌漬け

お家で簡単に作れるイシモチの味噌漬けレシピ。味噌漬けにすることで日持ちがするうえに、うま味がギュッと凝縮されるんです。あまり長く置きすぎると味が濃くなってしまうので注意してくださいね。焼くときは味噌床をしっかりぬぐってあげると焦げにくくなります。

3. イシモチの煮つけ

イシモチの煮つけレシピ。煮つけと言っても長時間煮込む必要はありません。下処理さえきちんとおこなえばおいしい煮つけができちゃいます。丸ごと一尾なら、特別感もあっておもてなしにもピッタリなひと品ですね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS