「イシモチ」ってどんなお魚?その魅力とおすすめレシピ5選

みなさん、イシモチとはご存知でしょうか?きれいな白身には旨味があり、とてもおいしいんです。けれど、デリケートなのお魚なので、スーパーなどではあまり見かけないことも……。今回はそんなイシモチの魅力に迫ってみたいと思います

2018年11月30日 更新

「イシモチ」とは?

生息地

イシモチは東北地方より南の日本各地に生息しています。あたたかい海を好んで住んでいるんですね。あたたかければ、日本以外でも見かけることができるそうです。水深20~100mくらいの場所に生息しています。

特徴

50cmにもなる個体も存在しますが、一般的には、20~40cmほどです。釣りあげると"グーグー"といった鳴き声のような音が聞こえますが、鳴き声ではなく浮袋を振動させて出している音なんです。

名前の由来

名前の由来は、頭のなかにある大きな石からきているんです。石の正体は「耳石」。頭のなかにあり、耳のような働きをする石がとても大きく特徴的なことから、その名前がついたとされています。調理中、いしもちの頭からからきれいな石のようなものが出てきます。

よく似た魚「ニベ」との違いは?

イシモチとニベは同じにされることがありますが、実は違う魚なんです。ニベ科という意味や耳石があること、音を出すことも同じなのですが、ちゃんと違いがあります。

ニベとの見分け方は外見にあります。銀色に白く光る体色がいしもち。全体が黒い斑点におおわれているのがニベなんです。迷ったらまずお魚全体を見てみましょう。

イシモチの旬はいつ?

旬の時期

イシモチは通年通して釣れますが、おいしいといわれているのは5月~8月の、春から夏だとされています。ですが、漁師さんたちの間では秋から冬が一番おいしいともいわれています。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mikA.K

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう