衝撃!青いカレーとは?一度は食べてみたい珍カレーの味と種類

今世間で青いカレーが話題になっているのをご存知でしょうか?青い花をイメージしたカレーに、海の青さを表現したカレー。その見た目のインパクトからネットで話題となっている2種類のカレーを詳しく紹介しています。

2018年11月29日 更新

販売場所

衝撃的な「ネモフィラカレー」は、公園内のレストランで食べることができますが、「ショップサンサン」というお土産店で販売されています。商品はレトルトカレーなので、お土産として購入すれば話題にもなります。

また、みはらしの丘は10月になると真っ赤なコキアが咲き乱れます。その時期には「コキアカレー」という赤いカレーも登場するので、季節に合わせて選んでみてください。真っ赤なカレーはさすがに青いカレーほどの衝撃はありません。

Amazonなどの通販でも購入することはできるようです。気になるけどひたち海浜公園には行けない、という方は通販を選んでみては?

オホーツク流氷カリー

見た目と味わい

続いては「オホーツク流氷カリー」です。ネモフィラカレーとは違った青さですが、こちらはオホーツク海の流氷をカレーで再現しよう!と生まれたカレーだそう。ただ青いのではなく、流氷を表現するために白いカレールーも付属しています。

1人前のレトルトパックには、青・白2種類の袋が入っており、先に青いカレーをお皿に盛った上にチキンを添え、白いカレーを流していきます。

青さの秘密

オホーツク流氷カリーの青さの秘密は、原材料に含まれる「クチナシ青色素」です。クチナシを使用した青い着色料によってオホーツク海の青さが表現されているというわけです。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう