7. 八宝菜(ハッポウサイ)

豚肉や魚介類、白菜やしいたけなどたくさんの材料を炒めてとろみをつけた「八宝菜」。ごはんにのせて中華丼にするのもおいしいですよね。材料が多いとフライパンでは炒めにくい時も、中華鍋なら上手にできますよ。大皿によそって豪快にいただきましょう。

8. 酢豚

むずかしそうな酢豚も、中華鍋ひとつで簡単に作れます。あらかじめ中華鍋でブロック肉を揚げて、さっと野菜にも油通しをしておくのがポイント。中華鍋用の穴のあいた杓子があれば一度に具材をすくえるので、揚げすぎてしまうこともありません。 つややかな照りと甘酢がおいしい酢豚は、見栄えがするのでホームパーティーにもぴったり。

9. レタスチャーハン

チャーハンを作るとごはんがべちゃついてしまう経験をした方は多いのではないでしょうか?熱伝導率の良い中華鍋なら、短時間でパラリと仕上げることができますよ。レタスは食感を活かすように火を止めてから入れましょう。緑がキレイなチャーハンは、お店に負けない味です。

10. かた焼きそば

表面がカリッと香ばしい中華麺に炒めた具をのせるスタイルの焼きそば。底が丸い中華鍋は中華麺を崩さずキレイな形のまま揚げ焼きすることができます。 油ならしをしてしっかり加熱した中華鍋を使うと、麺がこびりつかずに作れますよ。

中華鍋があるとお料理のレパートリーが広がる!

中華鍋は、炒めものをはじめ揚げものや煮込み料理、蒸しものなどいろいろなお料理に使えます。ひとつ持っているとお料理のレパートリーがぐっと広がりますよ。使い始める時に油ならしをしっかり行っておけば、お手入れも簡単なので毎日何度も活躍しそう。 おうちで作る中華料理をワンランクアップさせたいと思っている方は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?
▼こちらの中華料理レシピもおすすめ♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS