本場の味をご家庭で!人気中華デザート12選!北京、広州、上海まで

多彩な食文化がある中華料理には、デザートにも地域差があるんです。地方によって特色の違うデザートのレシピを、北京・広州・上海などのエリア別にご紹介。日本で有名なあのデザートから、現地で人気のものまで、本格的な中華デザートを作ってみませんか?

中華デザートとは?

馴染みのある中華料理ですが、デザートもさまざまな種類があります。中国の最後の王朝清の都があったため、中国の伝統的なスイーツが多い北京、香港や台湾の影響を強く受け、乳製品や生のフルーツを使ったものが多い広州、中国経済の中心地として発展し、外国の文化と融合したものが多い上海など、地方によってデザートにも特色が現れています。

北京デザートレシピ4選

1. 杏仁豆腐

宮廷料理の最高峰「満漢全席」のデザートとして食された杏仁豆腐。中国全土で食べられていますが、北京や上海などの北方では寒天を使ったつるんとした食感で、広州など南方ではコーンスターチを使いまろやかな食感です。

2. ナッツいっぱいのクッキー

北方のスイーツは、小麦粉と砂糖がメインで、伝統的な菓子も多くあります。クコの実、かぼちゃ、松の実、クルミなどがぎっしりつまったクッキーは、生地にごま油を練り込んでいて作られています。

3. 麻花

小麦粉と砂糖を使った麻花は中国華北地方の菓子で、日本のかりんとうに似たもの。油で揚げていて、サクサクした食感です。日本では長崎県や神奈川県などに製造業者があり、「よりより」「唐人巻(とうじんまき)」などと呼ばれています。

4. 豆腐脳

中国北部や西部では豆腐脳と呼ばれる豆乳を固めた食べもので、南部では豆花、豆腐花と呼ばれています。甘く味付けする南方のものは日本でもよく知られていますが、北方では塩気のある味付けが特徴です。

広州デザートレシピ4選

5. しょうが風味のミルクプリン

特集

SPECIAL CONTENTS