3. 本場の味を再現! スパイシーケイジャンチキン

本場のケイジャンチキンはこちらのレシピのようにオーブン焼きが主流。鶏もも肉を使えば、お肉からオイルが染み出て一緒に焼くお野菜に絡んでおいしそう!

オーブン調理にすると、大きめに準備したお肉やまるごと野菜など豪快調理できるのでシェアするパーティなどにもおすすめです。

4. おもてなしに!ケイジャンチキンのトマト煮込み

ケイジャンチキンは煮込み料理にもよく合います。スパイスでしっかり下味をつける鶏肉は豆類との相性抜群!トマトの水分のみでじっくり無水調理すれば、素材の旨みが凝縮した味の濃い鶏肉料理が完成します。

スパイスを効かせて夏場でも、コトコト煮込んで冬場でも年中楽しめるレシピですね。

5. パパっと本格派。やわらかケイジャンチキン

いろんなスパイスを準備して作るケイジャン料理ですが、「ケイジャンスパイス」を使えばあっという間に完成します。こちらのレシピのようにヨーグルトを足すと即席タンドリーチキンのできあがり!ケイジャンスパイス1本あればとっても便利ですね。焼く手間も少なくトースターにお任せ、これなら気楽に楽しめそうです。

6. お店の味!魅惑のケイジャンチキン

本格的なインドカレー屋さんのチキンは絶品ですよね。もし家で作ることができたらどんなによいでしょう。こちらはカレー屋さんのチキンを再現した本格的なレシピ。ヨーグルトに漬けることによりお肉がやわらかくなります。カリッとした食感と中から溢れてくる肉汁を楽しんでくださいね。

7. お弁当に。カレー風味のケイジャンチキン

子供から大人まで大好きなカレー風味のケイジャンチキンです。ケイジャンチキンを作るにはたくさんのスパイスが必要なのですが、使うのはカレー粉とチリパウダーの2つだけ!冷めてもおいしく食べられるのでお弁当にもぴったりですよ。

8. パーティにも!ローストチキン風ケイジャンチキン

ほどよい焦げ加減と照りで食欲をそそられるケイジャンチキンのレシピ。パプリカ粉やタイム、オレガノを使用し香り豊かに仕上げます。辛味が少ないので辛いものが苦手な人でも大丈夫ですよ!もし辛味が足りなければチリパウダーを加えてもOK。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ