ライター : mezamashicook

管理栄養士、トマト愛好家

普段は施設の管理栄養士、休日は引きこもり系社会人。トマトを愛していて、世界中のトマト農家に感謝しています。好きなことは図鑑を読むこと。

ケイジャンチキンをお家で豪快に食べよう!

ケイジャンチキンとは

Photo by ako0811

アメリカ南部の地域、主にルイジアナ地方が発祥のケイジャン料理は、オールスパイスの香りとチリペッパーの辛味を効かせたスパイシーな味付けが魅力です。スパイス使いがキーになるこの地方の料理は、炒め物から煮込み料理までそのレシピはさまざま。その中でも特に人気なのが「ケイジャンチキン」。

今回は、安価で手に入る鶏の胸肉で作りました。スパイスが効いた豪快料理でもあるので、手羽先や手羽元など手づかみで食べられる部位で作るのもおすすめです。もも肉で作るとよりジューシーに、胸肉だとさっぱりヘルシーに♪ お好みで使い分けてくださいね。

名前の由来

印象的なネーミングでもある「ケイジャン」とは、「アカディア人」を意味する「アケイディアン」が訛ったものなのだそう。アカディア人とはフランス系カナダ人で、その昔、現在のアメリカのルイジアナ州に移住した人々を指しています。 ケイジャン料理は、ルイジアナ産の唐辛子や地元食材、そしてフランス文化であるハーブやスパイスが組み合わさったオリジナリティあふれる料理なんです。名前の由来を知ると納得できますね。 気取った料理というよりは、その地元で手に入る食材を中心に炒めたり、煮込んだりして作られる家庭料理が中心で昔からの庶民の味みたいですね。

ケイジャンチキンの基本の作り方

Photo by ako0811

鶏の胸肉を使ってケイジャンチキンに挑戦しましょう。香辛料をたっぷりまとったチキンは、それだけで食欲をそそるひと品に♪

胸肉は、下処理、加熱方法や時間によってパサつきをぐっとおさえることができます。ポイントは、「魚焼きグリル」です。しっとり、ふっくらとしたお肉にスパイスの香りがたまらない!そんなケイジャンチキンの作り方をご紹介しますよ。ぜひ、お試しください。

作るときのコツ

胸肉は、パサつきやすいのが難点です。余裕があれば、砂糖と塩を溶かした水に半日しっかり漬けこんでみてください。また、スパイスも丁寧にもみこんで寝かせると中までしっとりと味の染み込んだケイジャンチキンになります。

焼き方もひと工夫。オーブンで焼くのが通常ですが、今回はもっと手軽に魚焼きグリルを使用します。表面をこんがり焼いたら、あとはアルミホイルで包んで余熱で火を通します。こうすることで、外側がパリッ、中はやわらかくとってもおいしく作れますよ。

材料(4人分)

Photo by ako0811

・鶏胸肉……2枚
・にんにく……1片
・塩……小さじ1

【漬け込み用スパイス】
・オールスパイス……小さじ1杯
・ナツメッグ……小さじ1/2杯
・チリパウダー……小さじ1/4杯
・パプリカパウダー……小さじ2杯
・粗挽き黒こしょう……少々
・オリーブオイル……大さじ1杯

・付け合わせ用の野菜やレモン……お好みで

作り方

1. 鶏肉を水に漬けます。

Photo by ako0811

ボウルに2カップほどの水をはり、分量外の砂糖と塩(各小さじ1)を加えます。鶏肉を入れて余裕があればひと晩漬けておきます。数時間漬けるだけでも随分しっとりとした食感になりますよ。

この下処理は、どんな鶏肉(胸肉)料理にも使えます。これで、パサつきしらずのジューシーな鶏肉料理ができますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS