いりどりの人気の作り方アイデア5選

1. きぬさやで彩りが華やかな「いりどり」

鶏肉と根菜類だけではちょっと色味が足りないときは、きぬさやを散らしてみましょう。器に盛りつけると、彩りも華やかになりますね。具材を炒めるときは、サラダ油ではなくごま油を使っています。豊かな風味を与えてくれるので、中華だけではなく和食にも重宝しますよ。

2. 水煮タケノコを使って「いりどり」

板こんにゃくはスプーンでひと口大にちぎると、味がのりやすくなります。また、水に浸けずにそのままざるで水気を切ると、余分な水分が抜けて味がしみやすくなりますよ♪ 椎茸の戻し汁が足りない場合は、だし汁や水を足してくださいね。

3. 肉と野菜のバランスが絶妙!いりどり豆腐

木綿豆腐を加えてボリューム満点のいりどり豆腐を作ってみましょう!親子丼のようなやさしい味わいで、夕飯のおかずにもおすすめ。水切りした木綿豆腐は手で崩しながら加え、2~3分炒めます。最後に溶き卵を加えてお好みの固さになったらできあがり!

4. めんつゆで味付けしたシンプルな「いりどり」

めんつゆを使ったシンプルな味付けのいりどりです。火の通りやすい食材で加熱時間を短縮。忙しいときにパパッと作れますね。鷹の爪でピリッと刺激のある大人の味に。めんつゆは鍋肌から加えて、具材を炒め合わせるのがポイントです♪

5. 根菜がたっぷり入った「いりどり」

鶏肉が隠れるくらい根菜がたっぷり入ったいりどりレシピです。鶏肉は、もも肉でもむね肉でもどちらでもOK!鶏肉を両面焼いたら油をプラスして野菜をしっかり炒めましょう。具材に色がついて煮汁が減ってきたら火を止めて、じっくり味を馴染ませてくださいね。

いりどりを作ってみよう!

Photo by suncatch

いりどりの基本的な作り方とアイデアレシピを5つご紹介しました。いりどりと筑前煮は材料は同じですが、作り方が少し違いますね。 鶏肉と野菜を先に炒めてから煮ると、コクのある味に仕上がります。具材をしっかり煮込んでから醤油を入れると、やわらくなり味もしみこみやすくなりますよ。昼食や夕食に限らず、お弁当のおかずとしてもおすすめです。

特集

FEATURE CONTENTS