王道「クラシックショコラ」の作り方!アレンジレシピ3選も

ほどよい甘さとチョコの深い味を楽しむ「クラシックショコラ」を作りましょう。素材のおいしさやきめ細かな食感がしっかりと舌に伝わるケーキは、シンプルでも贅沢な手作りスイーツ。マスターすれば、おもてなしやプレゼントにお役立ちですよ♪

クラシックショコラを手作りしよう!

「クラシックショコラ」は、チョコレートに卵やバターなどを加え小麦粉を混ぜて焼いたシンプルなチョコレートケーキ。メレンゲを混ぜて、しっとりなめらかに焼きげます。

「それってガトーショコラのことでは?」とお思いの方は大正解!実はクラシックショコラとガトーショコラは同じものなんです。

ガトー・ショコラの正式名は「ガトー・クラシック・オ・ショコラ」。商品名によって「ガトー・ショコラ」「クラシックショコラ」「ショコラクラシック」などの呼び名があるのです。

一方、メレンゲを加えない濃厚なチョコレートケーキのことを「テリーヌショコラ」といいます。

クラシックショコラの基本の作り方

白い角皿にのったクラシックショコラ

Photo by suncatch

基本のクラシックショコラを作りましょう。ほどよい甘さとチョコの深い味わいは、女性だけでなく男性にも人気のスイーツです。濃厚でありながらしっとりとなめらかな食感に仕上げるには、材料を加える順番と混ぜ方がポイントですよ。

材料(直径15cm型1台分)

クラシックショコラの材料全部

Photo by suncatch

・チョコレート……70g
・生クリーム……40g
・無塩バター……40g
・卵……3個
・グラニュー糖……60g
・薄力粉……20g
・ココアパウダー……40g

(あればラムダーク……小さじ1/2杯)

作り方

1.下準備をする。

一緒にふるった薄力粉とココアパウダーが入ったボウル

Photo by suncatch

薄力粉とココアパウダーを合わせてふるいます。
砕いたチョコ・卵黄と卵白に分けた卵・2等分したグラニュー糖

Photo by suncatch

チョコは刻み、卵は卵黄と卵白に分けます。グラニュー糖は30gずつ分けます。

2.チョコを溶かして材料を混ぜる。

ボウルに入れたチョコとバターを湯せんで溶かし混ぜる

Photo by suncatch

湯せんにかけたボウルにチョコとバターを入れ、ヘラで混ぜて溶かします。
ボウルに入れた卵黄とグラニュー糖を泡だて器で混ぜる

Photo by suncatch

別の大きめのボウルに卵黄を溶きほぐし、グラニュー糖30gを加えて泡だて器でよく混ぜます。
卵黄の入ったボウルに、泡だて器で溶けたチョコ・生クリーム・ラム酒を混ぜる

Photo by suncatch

卵黄の入ったボウルに、チョコとバターを溶かしたもの・生クリーム・ラム酒の順に、加えながら混ぜます。

3. メレンゲと粉を加えて混ぜる。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう