美味しいチーズを厳選!おすすめの種類10選&活用レシピ

プロセスチーズとナチュラルチーズの違いを知っていますか?身近な食材ですが、意外と知られていないチーズの種類や特徴、美味しいおすすめのチーズをご紹介します♪ ぜひチェックして自分に合った好みのチーズを見つけてみてくださいね。

まずはチーズの種類を知ろう!

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いって?

チーズは私たちにとってとても身近な食材ですが、詳しい違いを知っているという方は少ないのではないでしょうか?実は、チーズは「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」の2種類に大きく分けられるんです!

そこで、今回は意外と知らないナチュラルチーズとプロセスチーズの違いについてご紹介します。チーズの種類について知ることで、さらに美味しく自分の好みのチーズを楽しむことができますよ♪

ナチュラルチーズ

ナチュラルチーズとは、牛やヤギの生乳に乳酸菌や酵素を加えて固め、そこから出た水分であるホエイの一部を取り除いて作ったチーズのことを指します。

白カビタイプやハードタイプなどさまざまな種類があり、熟成の方法や加工方法によって味が大きく異なるチーズです。よく料理に使用されるモッツアレラチーズやチェダーチーズなどは、ナチュラルチーズに分類されます。

プロセスチーズ

プロセスチーズとは、ナチュラルチーズを加熱して溶かし、乳化剤を加えて再度形成させたチーズのことを指します。乳酸菌は加熱によって死滅するため、時間が経過しても熟成されることはありません。

加熱処理しているので保存期間が長く、用途に合わせて形成されているのでとても使いやすいのが魅力です。スーパーでよく見かけるスライスチーズや、ピザ用チーズなどはプロセスチーズに分類されます。

ナチュラルチーズの種類を知ろう♪

先ほど紹介したように、ナチュラルチーズにはフレッシュチーズやハードチーズ、ブルーチーズなどいろいろな種類があります。熟成の有無や、カビの種類などによって分類されています。

クセの少ないとても食べやすい味わいのものや、クセのあるチーズ好きにはたまらない味わいなど風味が幅広いのが特徴です。ナチュラルチーズの種類と、その味わいや定義などを知っておくとチーズ選びがさらに楽しくなりますよ♪

フレッシュタイプ

フレッシュタイプとは、熟成させていないチーズのことです。とても軽い口当たりと酸味が特徴で、水分を多く含んでいるためやわらかさを楽しむことができます。代表的なフレッシュタイプのチーズには、クリームチーズやモッツアレラチーズなどがあります。

白カビタイプ

白カビタイプとは、表面に白カビを繁殖させて熟成させたチーズのこと。外は膜を張っており、中はトロリとしていてなめらかな口当たりが特徴です。カマンベールやクロミエなどが白カビタイプのチーズに分類されます。

青カビタイプ

青カビタイプとは、青カビをまぶして熟成させたチーズのことです。白カビタイプと違って中にカビが生えるのが特徴で、強い香りと濃厚な味わいを楽しむことができます。よく知られているゴルゴンゾーラやカンボゾラなどは青カビタイプのチーズです。

ウォッシュタイプ

ウォッシュタイプとは、塩水や酒を表面に吹きつけて洗いながら熟成させたチーズのことです。マイルドな味と表面の強い香りが特徴で、香りに少しクセがあります。エポワスやシょームなどといったチーズがあり、主にヨーロッパで多く作られています。

シェーブルタイプ

特集

SPECIAL CONTENTS