炊飯器におまかせ

万能調理器具としてご飯だけではなく調理もできる炊飯器をつかえば、より簡単にゆで豚を作ることができます。作り方は、材料を炊飯器に入れてスイッチを入れるだけのおまかせ調理です。 煮汁に付けたままゆっくりとゆで豚を冷まし、しっとりとした簡単ゆで豚のできあがりです。

タレでアレンジ!ゆで豚の人気レシピ7選

1. 特製タレの中華風ゆで豚「ウンパイロー」

Photo by macaroni

四川の伝統料理としても有名な「ウンパイロー(雲白肉)」、ゆでた豚肉は脂が落ちてあっさりと食べることができますよ。プルプルしっとりな食感、ピリ辛な特製のタレがあとを引くおいしさ。おつまみでも前菜としてもおすすめです。ビールが一段とおいしくなりそう!

2. レンジで時短!ゆで豚香味ソース

レンチンで時短したゆで豚、ちょっと厚めにカットしたら、薬味たっぷりなソースで豪快にいただきましょう。ゆでたお肉を冷ますときは、ゆで汁に入れたまま冷ましてください。しっとり仕上がるのでおすすめです。

3. コチジャンダレで食べるとろとろ韓国ゆで豚ポッサム

韓国でもゆで豚は大人気メニューです。「ポッサム」と呼ばれ、ゆで豚をサンチェや大葉で巻いコチジャンのソースを付けて食べるのが定番となっています。

日本でも、ヘルシーな韓国料理として女子にも人気があります。みんなでワイワイ盛り上がりながら食べたいですね。

4. ニラ醤油でおいしさアップ!低温調理のゆで豚

ニラの香りにトロッとした甘さが特徴的なニラ醤油。作り方も簡単で、保存もできる万能調味料です。 ゆで豚以外にも、冷奴、卵かけご飯、チャーハン、野菜炒めなど、どんな食材とも相性がいいのでレシピを覚えておけば便利ですよ。

5. ゼラチンゆで豚とみそだれ

ゼラチンをまぶしてゆでた豚肉はしっとしプルプルな食感です。ゆで汁で作る味噌ダレは旨味が凝縮されていますよ。

普段のおかずにもおもてなしにもおすすめ。小さなお子さんのいるご家庭も、こちらのレシピならよろこんでもらえるのではないでしょうか。

特集

FEATURE CONTENTS