圧力鍋で簡単!基本の煮豚の作り方&アレンジレシピ集

箸で切れるほどホロホロでやわらかい煮豚は、ラーメン店でも人気のメニュー。圧力鍋を使うと、ご家庭でも簡単に煮豚が作れますよ。今回は圧力鍋を使った基本の煮豚の作り方と、煮豚を活用したアレンジレシピをご紹介します。

ホロホロの煮豚を作ってみよう

ソースをかけた煮豚

Photo by migicco

箸で切れるくらいホロホロに煮込まれた煮豚は、ラーメン店や居酒屋などで人気のメニューですね。あの柔らかさはプロじゃないと出せない、と思っている方も多いのでは。

実は、圧力鍋を使って調理すると、プロ顔負けのホロホロ煮豚がご家庭で作れるのです。自分で作れば食べ放題、思いきり分厚く切って贅沢にいただくこともできますね。

今回は圧力鍋を使った煮豚の作り方と、煮豚を活用したアレンジレシピをご紹介します。煮豚をまとめて作っておいて、いろいろな料理に活用すると便利ですよ。

煮豚の基本レシピ

煮豚にソースをかける写真

Photo by migicco

まずは、圧力鍋を使った基本的な煮豚の作り方をご紹介します。圧力をかけたら後は余熱調理なのでほったらかしでOK。簡単にホロホロのお肉が味わえますよ。

煮る前に豚肉を調味液に漬けておくので、味のムラもなく仕上がります。調味液の配合は簡単な比率なので、覚えておくと便利です。

材料(3人分)

煮豚の材料

Photo by migicco

・豚肩ロースかたまり……500g
・砂糖……大さじ1.5
・酒……大さじ1.5
・醤油……大さじ3
・水……200ml

豚肉は肩ロースのほか、バラ肉やもも肉でも作れます。基本的な作り方は同じなので、好みで部位を変えてみても◎

「焼豚用」としてネットにかけられたかたまり肉が売られている場合は、そちらを使うとよいでしょう。あらかじめ形が整えられているので、仕上がりがキレイになります。

調味料は砂糖1:酒1:醤油2の比率で合わせます。

作り方

1. 味がしみこみやすくなるよう、豚肉にフォークで穴を開けます。
豚肉に穴を開ける写真

Photo by migicco

2. チャック付き密閉袋に砂糖、酒、醤油を混ぜ、肉を入れて軽くもみこみ、30分程度休ませます。
豚肉を漬け込む写真

Photo by migicco

3. 肉の表面をキッチンペーパーで拭き取り、熱して油を敷いたフライパンで、肉の表面に焼き色をつけます。袋の漬け汁はとっておいてくださいね。

中まで火を通す必要はありませんので、焼き色がついたらフライパンから取り出してください。
豚肉を焼く写真

Photo by migicco

4. 圧力鍋に水と肉の漬け汁を入れて混ぜ、肉を入れて蓋をし、火にかけます。

沸騰してオモリが揺れ始めたら弱火にし、16分程度熱します。
豚肉を圧力鍋にかける写真

Photo by migicco

5. ピンが下がったら蓋を開け、肉をひっくり返して煮汁をかけながら5分煮詰めて完成です。
煮汁をかけながら煮詰める写真

Photo by migicco

6. 残った煮汁は、とろみが出るまで煮詰めると、おいしいタレになりますよ。
タレを煮詰める写真

Photo by migicco

盛り付け

特集

SPECIAL CONTENTS