2. あんを加えて煮詰める

Photo by suncatch

火を弱めてあんを加え、木べらでよく混ぜ溶かします。

Photo by suncatch

再度中火にして混ぜながら煮ます。フツフツと泡が出始めれば弱火にして混ぜ続けます。焦げないよう、常に鍋底をまんべんなくなぞって混ぜましょう。

Photo by suncatch

木べらで鍋底をなぞり、あんがゆっくり戻るぐらいの固さになれば火を止めます。

3. 冷まし固める

Photo by suncatch

水でさっと濡らした容器に、羊羹液を流し入れます。粗熱がとれれば、ラップをかけ冷蔵庫で1時間冷やします。

Photo by suncatch

容器から逆さまに羊羹を取り出します。取り出しにくい場合は、水で濡らしたナイフを羊羹の淵に差し入れてなぞります。切り分けて盛り付ければ完成です。

作るときのポイント

あんこの選び方

練り羊羹は、基本的こしあんを使います。市販されている小豆のつぶが入った「小倉羊羹」は、こしあんの羊羹に甘く煮た小豆を混ぜ込んだものです。 小倉羊羹とは、食感が変わってしまいますが、もちろん粒あんでも羊羹を作ることはできます。粒あん派の方は、ぜひ手作りしてみてはいかがでしょうか?

寒天の選び方

寒天は、手軽な粉寒天のほか、糸寒天や棒寒天(各寒天)でも作れます。どちらも水洗いし、適当な大きさに手でちぎります。 たっぷりの水に浸けてもみ洗いし、30分ほど吸水させます。軽く水気を絞って手でちぎり、分量の水と一緒にお鍋で煮溶かします。溶ければ砂糖を加えましょう。

羊羹の人気アレンジ3選

1. ラム香るチョコ羊羹

こしあんにビターチョコとラム酒を混ぜ込んだ洋風羊羹は、コーヒーやお酒ともよく合うちょっと大人の味。底にちりばめたレーズンが味のアクセントです。 常温で持ち歩きでき日持ちするので、手土産にもぴったり。ナッツやドライフルーツでアレンジが楽しめそうです。ラム酒なしで、お茶で風味づけするのも◎

2. レンジで簡単!栗蒸し羊羹

ゴロっと大きな栗がのった栗蒸し羊羹は、自分へのご褒美や親しい友人、来客時の粋なおもてなしになりそうですね。電子レンジで簡単に作れるレシピなので、レパートリーに加えると役立ちますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ