ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

ゆで方別。とうもろこしの違いを徹底検証!

Photo by muccinpurin

初夏になるとスーパーに並び始めるとうもろこし。おやつやおつまみはもちろん、かき揚げやとうもろこしごはんなど、いろいろな楽しみ方で旬を感じられる野菜です。

ところで、とうもろこしはゆで方にこだわることで甘さが変わると言われているのをご存知でしょうか。水からゆでる、沸騰したお湯でゆでる、そしてゆで時間を変えるといった違いによって、味わいや食感が変化します。

ゆで方の違いでとうもろこしの味はどう変わる?

とうもろこしのゆで方は3つあります。それぞれのゆで方について、一般的に知られている効果をご紹介します。記事の中盤では、実際にはどれが一番おいしいのか検証してみます。

水から入れてゆでる

とうもろこしを水からゆでると、ふっくらとジューシーに仕上がると言われています。じっくりと加熱をするため、実がやわらかくなるようです。

沸騰手前を保ちながらゆでる

沸騰手前を保ちながらゆでる場合は、とうもろこしの甘みを引き出すことができると言われています。とうもろこしの香りも引き立ちますよ。

熱湯からゆでる

とうもろこしを熱湯からゆでると、粒の弾力が残り、しゃきっとした食感に仕上がると言われています。

1. とうもろこしを水から入れてゆでる方法(ゆで時間:15~20分)

Photo by muccinpurin

とうもろこしが入るサイズの鍋やフライパンを用意し、水の量の2~2.5%の塩を加えます。水2リットルほどでゆでるなら、大さじ2杯弱が目安です。

鍋に水と分量の塩を入れたらとうもろこしを入れて中火にかけます。沸騰したらそのまま3~5分ゆでましょう。

落し蓋をするか、途中で何度か回転させてまんべんなく火が通るようにしてください。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ