あくまで主役はアイスクリーム

アイスクリームにかけるコーヒーなどの飲み物はかけすぎないようにしましょう。欲張って飲み物の割合が多くしてしまうと、飲み物が主役でアイスクリームが脇役のフロートのようなドリンクになってしまいます。 アイスクリームにかける飲み物は、アイスクリームの味わいを引き立たせる脇役程度にとどめましょう。

アフォガートの食べ方

Photo by uli04_29

味の変化を楽しむ

アフォガートはできたてと、時間が経ってからとでは、味わいが微妙に変化していくのがおもしろいスイーツ。 冷たいアイスクリームに温かいコーヒーをかけた直後は、冷たさと温かさの対比が絶妙ですが、時間が経つとアイスクリームが溶けてコーヒーと一体になっていきます。

トッピングをしてみる

コーヒーをかけるだけでなくチョコレートやクッキーなどのお菓子や、ココアパウダーやシナモンなどのスパイスをトッピングして楽しむのもおすすめです。 アイスクリームもバニラだけでなく、さまざまなフレーバーのものを使えば、アフォガートのバリエーションは無限に広がりますよ。

人気アフォガートレシピ3選

1. ラム・アフォガート

コーヒーソースにラム酒を加えた大人の贅沢アフォガートはいかがでしょう。コーヒーのほろ苦さと、鼻から抜けるラムの甘い香りは疲れた心とからだを癒してくれそう。1日の終わりに、自分へのご褒美として食べたいアフォガートですね。

2. 抹茶アフォガート

温めた牛乳と抹茶の濃厚ソースをたっぷりかけたアフォガートは、ほっとひと息つきたいときにおすすめ。抹茶の渋さと香りの高さがバニラアイスの甘さと相性抜群です。抹茶がかかった部分が少し溶け出してくるくらいが食べ頃ですよ。

特集

FEATURE CONTENTS