連載

これぞ王道バニラアイス!市販21種を本気でランキングしてみた結果

アイスクリームといえば、基本はやっぱりバニラですよね。今回はスーパーやコンビニなどで買えるバニラアイス21種類をかき集めてランキング。果たしてあなたの好きなバニラアイスは何位にランクインしているでしょう!? そして編集部のおすすめ1位は!?

2018年12月4日 更新

バニラアイス21種類が勢ぞろい!

暑い日に疲れた体をすっと癒やしてくれる冷たいアイス。ワンコインで買えるお手頃アイスからちょっと贅沢なご褒美アイスまで、たくさんの種類がありますよね。スーパーやコンビニに行くと、ついついアイスコーナーに吸い寄せられてしまう人は多いはず!

macaroni編集部が独自の視点でおいしい商品を紹介している本連載。今回はアイスを語る上では欠かせない定番中の定番、バニラアイスを取り上げます。アイスのフレーバーは数多くあるけれど、やっぱりバニラは外せないでしょう。
ということで、スーパーやコンビニ、アイスクリーム専門店、洋菓子チェーン店などで2016年8月現在入手できるバニラアイス21点を編集部の独断と偏見でランキング!バニラの風味、味、余韻、価格など総合的に評価し格付けしてみました。

そもそもバニラ味って…

ランキングに入るその前に、バニラ味の定義をさくっとおさらい。

バニラとは、アメリカの熱帯地域原産のツル科バニラ属の蔓性植物、およびその植物から抽出された香料などのこと。バニラの種子(バニラシード)は上の写真のように、鞘(バニラビーンズ)の中に黒く細かい粒の状態でびっしりと入っています。収穫直後は味も香りもないバニラですが、乾燥と発酵が進むとおなじみの甘い香りがするようになり、バニラエッセンスなどの商品に加工されます。

天然のバニラは産地が限られ、加工の手間もかかる高級品。バニラ味のアイスの中には植物のバニラ由来ではない成分を含む「バニラ香料」「合成香料」で風味付けをしているものもあります。

編集部厳選!バニラアイス・ランキング

今回の企画では、原料を問わず商品名で「バニラ味」をうたっているものをセレクト。バニラにこだわりたいので、ミルク味は対象外とします。さあ、それでは怒涛のバニラアイス・ランキング、行ってみましょう!

21位:ホームランバー

参考価格:356円(税込)/ 60 kcal(1本あたり)

参考価格:356円(税込)/ 60 kcal(1本あたり)

協同乳業から発売中の「ホームランバー バニラ&チョコ」。一箱にバニラとチョコが5本ずつ計10本入っています。

少ししゃりっとした食感と、突出した甘さが特徴のバニラバー。バニラ感やミルク感はあまりなく、綿菓子を食べたときのようなまったりとした甘さが口に残ります。同じ価格帯のバニラバーに比べて人工的な風味が強いことから21位となりました。

ITEM

メイトー ホームランバー バニラ&チョコ

内容量:10個入×8箱

¥2,320 ※2018年6月13日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
1 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう