5. バターを加えてさらにこねる

Photo by uli04_29

生地の表面がなめらかになってきたら、バターを生地に練り込むようにして包み、さらにこねていきます。こね上がりのサインは生地を伸ばしたときに、薄い膜ができる状態です。

6. 生地を一次発酵させる

Photo by uli04_29

生地を丸めて閉じ目を下にし、大きめのボウルに入れてラップをしてオーブンの発酵機能を使い、30℃で50分ほど一次発酵させます。 ※オーブンレンジの発酵機能がない場合は、室内の温かい場所に生地が2倍程度の大きさに膨らむまで置いておきましょう。

7. ガス抜きをして丸める

Photo by uli04_29

生地がしっかり2倍に膨らんだら、フィンガーテストをして発酵具合を確かめ、発酵完了であれば生地を持ち上げるように優しくガス抜きをしてから6等分にして丸めます。

8. 生地を休ませる

Photo by uli04_29

丸めた生地に濡れ布巾とラップをかぶせて、15分ほど室温で休ませましょう。

9. 生地を成形する

Photo by uli04_29

休ませた生地を丸めなおして、パン表面に強力粉をまぶしたら太めの菜箸や麺棒、スケッパーの持ち手の部分などで真ん中に割れ目を入れます。 ※ある程度、太さのある棒状のもののほうが成形しやすいのでおすすめ。菜箸など細めの棒を使う場合は、生地を分断してしまわないように気をつけましょう。

10. 最終発酵させる

Photo by uli04_29

成形した生地をオーブンシートを敷いたオーブン皿にのせて、30℃で30~40分ほど最終発酵させます。40℃で発酵させる場合は25分ほどでOKです。

編集部のおすすめ