ライター : 今野 直倫

JSFCAコーヒーソムリエ / バリスタ

食品衛生責任者・飲食店営業許可取得。全国各地を飛び回り1日カフェを開催。自家焙煎のコーヒーを焼きたて、挽きたて、淹れたてにこだわって、お客さん一人一人に向き合ってコーヒーを一…もっとみる

この記事を書いたのは…

JSFCAコーヒーソムリエ 、バリスタ:今野直倫

食品衛生責任者・飲食店営業許可取得。全国各地を飛び回り1日カフェを開催。自家焙煎のコーヒーを焼きたて、挽きたて、淹れたてにこだわって、お客さん1人ひとりに向き合ってコーヒーを一杯ずつハンドドリップ抽出。コーヒーの知見を活かしてWEBライターとしても活動中。

こんにちは。 バリスタの今野直倫です!

みなさんは、カフェでカフェラテを注文しますか?私は見かけるとすぐに注文してしまいます。とくに、夏の暑い日のアイスカフェラテはたまりません。しかし、お店だけでなく、おうちでもおいしいカフェラテを飲みたいですよね。そういった人のために、おうちでも楽しめるカフェラテのレシピをご紹介します!

この記事では、バリスタとして活動する私が、カフェラテのおいしさを少しでも知ってもらうために、カフェラテの魅力や基本レシピをお教えします。

カフェラテとは?カプチーノ・カフェオレとの違いも!

Photo by 今野直倫

カフェラテは凝縮したコーヒーであるエスプレッソを、ミルクで割った飲み物です。イタリア発祥で、大手シアトル系カフェでも人気があります。

カフェラテの魅力は、濃厚なエスプレッソに注がれたミルクと相性がよい点です。濃厚なコーヒーを楽しめることはもちろん、ラテアートのように目で見て楽しめるのも魅力の1つといえるでしょう。

カプチーノとカフェオレとの違い

カフェラテと同じく、よく見かけるのがカプチーノやカフェオレと呼ばれる飲み物です。カプチーノやカフェオレとカフェラテの違いはどういったものでしょうか?

カフェラテとカプチーノは、ミルクとコーヒーの割合が異なります。

・カフェラテ…コーヒー:ミルク=8:2
・カプチーノ…コーヒー:ミルク=5:5

フォームミルクと呼ばれるふわふわのミルクの割合も異なります。カフェラテはミルクの2割ほどがフォームミルクに対して、カプチーノはミルクの5割ほどがフォームミルクです。

カフェラテやカプチーノでは、エスプレッソと呼ばれる濃縮したコーヒーが使われています。一方、カフェオレは、使われているコーヒー豆は浅煎りで、通常のドリップコーヒーです。そのため、カフェラテよりも、あっさりとした印象を受けます。

また、カフェラテとカフェオレのミルクとコーヒーの割合も異なります。

・カフェラテ…コーヒー:ミルク=8:2
・カフェオレ…コーヒー:ミルク=5:5

どちらも、味に大きな違いはないですが、口に入れたときの印象が変わります。ぜひ、お店で見かけたときはどちらも注文して飲み比べてみてください。

バリスタ直伝!おいしいカフェラテのレシピ

Photo by 今野直倫

カフェラテはエスプレッソを使ったアレンジコーヒーなので、作るのはむずかしく感じるかもしれません。ただ、ご家庭でもドリップコーヒーに工夫を加えることで、カフェラテのような味わいを再現できます。

ここでは、おうちで誰でも簡単に作ることができるカフェラテのレシピをご紹介。通常のドリップコーヒーよりも濃く抽出することで、エスプレッソコーヒーを再現して作るレシピです。「おうちにコーヒー器具がない」という人でも、比較的簡単に用意できるので参考にしてください。

用意するもの

Photo by 今野直倫

用意するものは以下のとおりです。

・ドリッパー
・コーヒーサーバー
・フィルター
・ケトル(なくても問題ありません)

ドリッパーにお湯を注ぐことができればケトルはなくても、問題ありません。ただし、お湯がうまくコントロールできず抽出がむずかしくなるので、可能であれば用意してください。

材料

Photo by 今野直倫

材料は以下の3つです。

・コーヒー豆(中挽きでなるべく深煎りの豆 10g)
・水(100ml)
・牛乳(100ml)

コーヒー豆はなるべく深煎りでミルクで割るのに適したものを選びましょう。コーヒー屋さんで購入するのであれば「ミルクで割りたいです」と相談してください。おすすめのコーヒー豆を紹介してくれます。
Photos:12枚
バリスタの男性ライター
木製のテーブルにのったカップに入ったカフェラテ
テーブルの上にあるカップに入ったカフェラテ
ドリッパーとサーバー、ペーパーフィルター、ケトル
コーヒー豆と水、牛乳
85度を示す電気ケトル
コーヒー粉に注がれるお湯
サーバーに入ったコーヒー
コーヒーに注がれるミルク
アーモンドミルク入りのカフェラテ
カフェラテとラム酒、ラムレーズン
カフェラテとあずき、黒みつ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ