ライター : 前田未希

料理家 / フードコーディネーター

レシピライター、料理教室講師、studio racconto代表。お酒や食べること、作ることが好きな料理家です。「自宅で簡単に、ちょっとお洒落なひとときを楽しむ料理」をご提案します。アニ…もっとみる

コツをおさえてお店顔負けの味に♪ こだわりの生姜焼きレシピ

Photo by 前田未希

今回ご紹介するのは、定番人気のおかず「豚の生姜焼き」です。下ごしらえから味付けのポイントまで、基本をしっかりおさらい。親しみのある献立だからこそ、しっかり丁寧に作ると見違えるでき栄えになりますよ。

下味をつけるレシピもありますが、今回は下味なしで手早く作れるレシピです。やわらかなお肉に甘辛いタレが絡んだプロ顔負けの味をマスターしましょう!

材料(4人分)

Photo by 前田未希

・豚ロース……400g
・千切りキャベツ(つけあわせ)……お好みで
・薄力粉……適量

【合わせ調味料】
・酒……大さじ2杯
・みりん……大さじ1杯
・砂糖……小さじ1杯
・醤油……大さじ2杯
・おろし生姜……小さじ1杯
・塩胡椒……少々

生姜焼き作りのポイント

お肉の選び方

ロース(肩ロース)

きめ細かい肉に適度な脂肪がついているので、しっとりやわらかな食感に仕上がります。生姜焼きに一番適しているのはこの部位です。特に肩ロースは濃厚で、よりコクのある味わいが楽しめます。

モモ

ロースに比べて脂肪が少なく赤身が多いので、ヘルシーに仕上げたいときにおすすめの部位です。低脂肪な分、固くなりやすいので火加減や肉の厚みに注意が必要です。

ヒレ

1番きめ細かい部位です。モモよりもさらに脂肪が少ないので、ヘルシーに仕上げられます。ただ、薄切りで販売されることがないので、厚みのある生姜焼きになります。こちらも、モモと同じく固くなりやすいので、下ごしらえや火加減に注意が必要です。

特集

FEATURE CONTENTS