ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

生姜焼きの冷凍方法って?

共働き家庭が増え、最近では食材や調理済みの食品を冷凍保存する方が増えていますよね。テレビ番組や雑誌の記事でもよく見かけるようになりました。下茹でしておいた野菜やごはんはもちろん、意外にもいろんなものが冷凍保存でき、冷凍保存は忙しい中での毎日の食事やお弁当作りを助けてくれる便利な存在です。 そのひとつとして、生姜焼きも冷凍保存できることをご存じでしたか。実は、生姜焼きは調理前も調理後も冷凍保存できるのです!冷凍保存しておくと、メイン料理にもお弁当にも大活躍。今回は、そんな生姜焼きの冷凍保存と解凍方法、レシピをご紹介します。ぜひお試しくださいね!

調理前の生姜焼き冷凍方法

調理前の場合は、タレごとタッパーか密閉できるフリーザーバッグに入れて冷凍します。お肉を冷凍する際に最も気を付けたいポイントがお肉を乾燥から守ることです。フリーザーバッグに入れるときは、空気をできる限り抜くようにします。 下味をつけたお肉を冷凍する漬け込み冷凍は、調味料がお肉を乾燥から保護してくれるメリットがあるのです。お肉に味がしっかりしみ込み、お肉がパサつかず仕上がるという嬉しい効果もありますよ。

保存期間は?

保存期間は1ヶ月程度。冷凍焼けが気になる人は2週間程度で食べきるようにしましょう。解凍する場合は、前日に冷蔵庫に移して自然解凍します。解凍を急ぐときは流水解凍でも大丈夫です。電子レンジの解凍は時間がかからず便利ですが、お肉がかたくなってしまうため、なるべく避けましょう。

調理後の生姜焼きの冷凍方法

調理後の場合は、粗熱をしっかりとってタレごと冷凍可能な保存容器か密閉できる袋に入れて冷凍します。たくさん作ったときは、1回分ずつ分けて冷凍するようにしておくと便利です。

保存期間と解凍方法について

保存期間は1ヶ月程度ですが、味が変わらないうちになるべく早めに食べるようにしてくださいね。 解凍方法は前日に冷蔵庫に移して自然解凍するのがおすすめです。電子レンジを使用して急に解凍するとお肉がかたくなってしまうため、急ぎでなければ自然解凍しましょう。

生姜焼きの冷凍レシピ5選

1. 冷凍作り置き 豚の生姜焼き

スタンダードな味付けの生姜焼き。毎日の食事はもちろん、お弁当にも大活躍です!生姜がほんのり香る、しっかりした味付けの生姜焼きはご飯が進みます。フリーザーバッグに豚肉と調味料を入れてしっかりもみ込みましょう。 お弁当用に少量ずつ小分けにしたいときは、フリーザーバッグの中で4等分にすると便利です。使用するときは、必要な分を前日に冷蔵庫に移しておきましょう。しっかりと味がついているので冷めてもおいしくいただけます。

特集

FEATURE CONTENTS