2. 豚小間の生姜焼き

豚小間切れ肉を玉ねぎと一緒に調味料に漬け込んで冷凍しておきます。リーズナブルな豚小間切れ肉は家計の助けになりますね。下味冷凍で、お肉も玉ねぎも柔らかくなりますよ。冷凍保存している間に、しっかりと調味料がしみ込んでいき、食べる時には旨みとコクが感じられます。 加熱すると、玉ねぎの甘みもアップ。解凍は、急ぐようであれば流水解凍でもok。小間切れ肉は分厚い肉よりも解凍時間も短く済んで便利ですね。

3. 冷めてもおいしい生姜焼き

少しのコツと手間で、一度冷めてもおいしさがキープできるこちらのレシピ。お肉を柔らかくするために酢とお酒で下ごしらえをしたり、100%のりんごジュースもしくはパイナップルジュースを使ったりと、真似してみたいポイントがたくさんありますよ。

4. コクうま生姜焼き

基本的な作り方はほかの生姜焼きと変わりませんが、コクの秘密はケチャップと豆板醤。しっかりと濃い目に味をつけておくのがおすすめです♪冷凍保存で約1ヶ月もつので、たくさん作り置きしておくと便利ですね。

5. 鶏肉の生姜焼き

生姜焼きといえば定番は豚肉ですが、鶏肉で作るのもおすすめです。ひと口大に切った鶏もも肉をすりおろし生姜と醤油・酒などの合わせ調味料を入れたフリーザーバッグに入れます。冷凍庫へ入れ、保存期間は3週間ほど。解凍しておいた鶏肉をフライパンで加熱し、じゃがいもと炒め合わせて完成です。じゃがいもの他にも、きのこや野菜と合わせるとかさ増しもできますよ。豚肉とはまた違ったおいしさがあり、お子様も食べやすい優しい味わいです。

便利な冷凍生姜焼きを活用しよう!

今回は、生姜焼きの冷凍保存方法をご紹介しました。これまで生姜焼きを冷凍したことがないという方も、試してみたいと思ったのではないでしょうか?メイン料理が準備できていると、ほかの料理にかける時間ができますよね。ご飯を作っている時間がほとんどないというときにも、冷凍保存の生姜焼きがあれば強い味方になります。 調理前の状態で冷凍保存しておくと、あとからお好みの具材をプラスしてアレンジできるので便利です。生姜焼きを冷凍して、毎日の料理を手軽に乗り切りましょう!

特集

FEATURE CONTENTS