ライター : kii

調理師

製菓衛生師、食育インストラクター、フードコーディネーター。「おいしい料理で人を幸せにする」をモットーに、レシピやお料理のコツなどの情報発信を行っています。ブログやYouTubeで…もっとみる

調理師が教える!生姜焼きのタレの黄金比

Photo by kii

生姜のよい香りと、甘じょっぱいタレが食欲をそそる「生姜焼き」。ごはんがモリモリと進むおかずとして、家庭料理の定番メニューでもあります。 今回は、生姜焼きの黄金比を、調理師の筆者が伝授します。タレは冷蔵庫で保存もできますので、時間があるときに作っておくこともできますよ。 黄金ダレで作る生姜焼きの作り方もご紹介します。お肉をやわらかくジューシーに仕上げるコツで、お家で簡単プロのような生姜焼きを作れますよ♪さっそくチェックして、おいしい生姜焼きを作りましょう!

同じ割合で簡単◎生姜焼きのタレの黄金比

Photo by kii

まず初めに、生姜焼きのタレの黄金比をご紹介します。生姜“1”かけに対して、調味料もすべて大さじ“1”と、とても覚えやすい配合となっています。 和食の基本の割合でもありますので、親しみやすく間違いないおいしさのタレとなっています。作って保存しておけば、生姜焼きが簡単に作れますよ。

材料(4人分、薄切り肉約400g分)

Photo by kii

・醤油、酒、みりん 各大さじ2 ・生姜       2かけ(チューブ大さじ2でも代用可) 【生姜1かけの目安】 大きさ約2.5cm、重さ約12g

作り方

1. 生姜を皮のまま擦る。

Photo by kii

生姜は皮ごと使いますので、よく洗いましょう。水気を拭き取ったら、皮ごとすりおろします。
2. 手で絞る。

Photo by kii

手でしぼって、生姜のしぼり汁にします。
3. 混ぜ合わせる。

Photo by kii

生姜のしぼり汁、醤油、酒、みりんを混ぜ合わせます。たったこれだけ! チューブを使えば、混ぜるだけでとてもラクチン♪しかし、生姜焼きは生姜の香りが味の大切なポイント。できれば生の生姜で作るのがおすすめです。

おいしく作るポイント

1. 生姜は皮ごとすりおろして、香りをアップ! 生姜は、皮ごと使ったほうが香りがたちます。今回のレシピでは、しぼり汁しか使いません。生姜の香りをギュッとタレに閉じ込めるために、皮は剥かないでおきましょう! 2. しぼり汁だけ使うことで、見た目もきれいに。 すりおろした生姜をそのままタレに加えると焦げやすいです。見た目もきれいに仕上げるために、今回は絞り汁だけ使うレシピにしました。生姜の香りをより味わいたい方は、すりおろしのまま加えても◎ 3. タレはお肉以外にも使える◎ タラや鮭、鶏もも肉などもおいしくしてくれます。片栗粉をつけてこんがりと焼いたら、タレを絡めて煮詰めましょう。テリがでておいしそうになったら完成です。 ほかにも野菜炒めに使ったり、ごま油やオリーブオイルを加えて和風ドレッシングにしたりと、アレンジがいろいろとできますよ。 4. 冷蔵庫で10日保存可能 においが移らないように、保存瓶や密閉容器に入れて保存してください。豚肉以外にもアレンジができますので、常備しておくと毎日のお料理が楽になりますよ◎

お肉やわらか♪黄金タレで作る生姜焼き

Photo by kii

黄金ダレで作る「生姜焼き」の作り方を見ていきましょう。お肉をしっとりやわらかくする秘密で、おどろくほどジューシーに仕上げます。生姜の香りと、甘じょっぱいタレで、ごはんが進みますよ。 固くなりにくいので、お弁当にもGood。お弁当用に作るときは、タレを少し多めにして味を濃いめにするとよいですよ。

特集

FEATURE CONTENTS