煮ても焼いても、炒めても!さやえんどうの人気レシピ20選

今回は、さやえんどうを使った人気レシピをご紹介します。普段は脇役になりがちなさやえんどうですが、実は食卓の主役になるポテンシャルを秘めているんですよ!煮ても焼いても、炒めても♪ 冷凍しておけば、2から3ヶ月保存が可能なので、あとひと品ほしいときに便利です!

2019年2月18日 更新

焼いて食べる。さやえんどうの人気レシピ5選

⒈さやえんどうの卵焼き

卵の黄色とさやえんどうの緑がきれいな卵焼き。卵焼きに小ねぎや青のりを入れる人も多いと思いますが、さやえんどうを刻んで入れるのもおすすめです。

お弁当の彩りにはマストな卵焼き、さやえんどうで春を感じることができそうです。しょっぱい派、甘い派、出汁派、さやえんどうならどんな味付けも邪魔することはありません。

⒉ エンドウ豆入りハンバーグ

ハンバーグは好きだけどカロリーが気になるという人はこちらのレシピがおすすめです。

えんどう豆がアクセントになったこちらのハンバーグは、もめん豆腐に人参のすりおろしも入ったヘルシーハンバーグ。罪悪感なくしっかり食べることができますよ♪。

⒊ 豚トロと砂糖さやえんどうの串焼き

一般的なさやえんどうより、糖度が高い砂糖さやえんどうを使ったレシピです。お弁当のおかずだけでなく、お酒のおつまみにもぴったり。

串焼きのうえにのっているのは粗切りわさび。わさびのツンとした辛さが砂糖さやえんどうと豚トロの脂の甘さを引きた立ててくれるレシピです。

⒋ サヤエンドウの炭火焼

下処理をしたさやえんどうに天然塩を振りかけてて網で焼くだけのシンプルなレシピ。さやえんどうのおいしさをダイレクトに味わうことができます。

しっかり焼いても残るシャキシャキ感に口のなかで広がる芳ばしさ、シンプルなのにとてもおいしいおすすめのレシピです。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rui_nbsp_rui

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう