極上の松茸アロマに癒されたい♪ おすすめの日本料理レシピ5選

日本での高級食材の代表格ともいえる「松茸」。その味わいや香り、産地や旬の時期など、そして市場価格が高騰している理由と相場についても確認していきます。松茸の香りを楽しみつくすおすすめのレシピと国産松茸が買える通販サイトも一緒にご紹介しますよ。

2018年5月29日 更新

言わずと知れた秋の高級食材「松茸」

日本のきのこの最高峰とも言える松茸。比較的日当たりのいい、主にアカマツの林に生えますが、針葉樹が多い林でも生える事があるようです。かつては日本全国でたくさんとることができ庶民にも親しまれていましたが、その数が激減した現在でも自然に生えているものを人の手で探し、収穫して出荷されているため、とっても高価なきのことなっています。

味や香り・食べ方は

「香り松茸、味しめじ」と言われるほど、松茸は香りがいいのが最大の特徴であり、味は控えめで香りが先に立ちます。でもこの香りは、海外ではあまり好まれないんだとか。

香りの良さを活かした食べ方が好まれ、シンプルな網焼きやホイル焼き、土瓶蒸しなどが代表的な料理として上がります。

旬・産地

秋の風物詩ともなっている松茸ですが、東北などの寒い地域では8月末頃からとれ始め、旬とも言える最盛期は9月から10月。九州など温暖な地域では11月中旬頃までとれるようです

国内では長野県での収穫量が多く、その他にも東北地方の岩手県や山形県、近畿地方では京都府・兵庫県・和歌山県、中国地方の岡山県や広島県などが産地として有名です。しかしながら、国内で収穫されるものはごくわずか。近年流通している松茸のほとんどは中国産や韓国産のものであり、アメリカ・カナダ・トルコ・モロッコからも輸入されています。

なぜ高い?松茸の栽培・収穫

かつては日本全国の山間地で手入れの行き届いた里山が広がっていたり、アカマツも松の葉や枝を燃料や肥料として多く利用されていてたのでその数も多く、松茸が生育する環境が整っていました。現在では需要が少なくなったアカマツ自体の数も減少し、過疎化が進んだことによってかつての里山は自然の状態に戻り、松茸にとっては生育しにくい状態になっています

その上、松茸は地表に顔を出して傘が開き切ってしまえば香りが落ちてしまうため、収穫する事自体がとてもむずかしいのです。地表からわずか1~2cmほど顔を出したところを見極め、根本から押し上げるようにして収穫する必要があるので、“シロ”と呼ばれる松茸が生える場所を知らずやみくもに探しても見つけられません。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう