混ぜて漬けるだけ!「ぬか漬け」の基本&アレンジレシピ5選

「ぬか漬け」とは、ぬか床に野菜や食材を漬け込んだお漬物のこと。なつかしくなるご家庭の味と感じるかたも少なくないはず。大変そうなぬか漬けですが、作り方はとっても簡単!マイぬか床でご飯のお供からお酒のアテまで手作り料理の幅まで広げちゃいましょう♪

2019年2月21日 更新

ぬか漬けの基本レシピ

「ぬか漬け」の基本となるのがぬか床。生ぬかに塩水・昆布・鷹の爪、そして漬け込み野菜を入れ、毎日最低1回混ぜながら、3日をめどに捨て野菜を交換し、10日以上作業を繰り返していけばぬか床の完成です。ぬか床作りがむずかしければ、市販のキットがおすすめ!

ぬか漬けの食べ方

ぬか床から出した野菜は、軽く水ですすいでぬかを洗い流してからいただきます。水洗いが不向きな食材はペーパーなどでぬかを落とします。漬け込むときに清潔なガーゼに包んでもいいでしょう。余分なぬかを落とす作業が軽減されるだけでなく、ぬか床から野菜も見つけられやすい利点もありますよ!

ぬか漬けのアレンジレシピ5選

1. アクのあるごぼうだって!「ゴボウとニンジンのぬか漬け」

ぬか漬けとしては不向きのアクのあるごぼうも、下ゆでしてから漬けることで食感も楽しめるぬか漬けが楽しめます。ごぼうと人参の料理はたくさんありますが、ぬか漬けとしての組み合わせはちょっと斬新!そのままはもちろん、仕上がりの調味料をアレンジしてオリジナルを楽しんでもいいでしょう。

2. いつものぬか漬けにひとアレンジ!「ぬか漬けきゅうりの和え物」

きゅうりのぬか漬けにひとアレンジ加えたレシピです。作り方は刻み昆布とごま油をあわせるだけでとっても簡単です。昆布の旨みとごま油の風味で新しいぬか漬けが味わえますよ!大根などのぬか漬けを使ってアレンジしてもいいかもしれません。

3. ぬか漬けを洋風にアレンジ!「クレソンと豆のぬか漬けサラダ」

ぬか漬けの旨みと塩味、そして酸味をいかして、シンプルにサラダとして楽しんでみるのはいかがでしょうか。四季折々の野菜を使ったり、使用するオイルや香辛料を変えてみたり、お肉や魚介を加えてみたりとアレンジして楽しんで!

4. 魚とだって相性抜群!「塩サバのぬか漬け」

野菜だけでなく魚のぬか漬けもおいしいですよ!市販されている塩サバをぬか漬けにするだけで、いつもと違った塩サバが楽しめます。野菜以外を漬けるときは、密封袋などを使用して同じぬか床で漬けないようにしましょう。

5. ぬか漬けの旨みをいかして!「ぬか漬けチャーハン」

野菜のぬか漬けは、チャーハンの具材にもぴったり!旨みと塩分があるぬか漬けを使うことで、あっさりとしながらも旨味は抜群です。レシピでは1日漬けたぬか漬けを使っていますが、古漬けを使ってアレンジしてもよさそうですね。

自分だけの味となっていくのも楽しみな「ぬか漬け」

特集

SPECIAL CONTENTS