ローディング中

Loading...

手間がかかって大変なイメージのぬか漬け。ですが、一生懸命に手入れしたはずなのに、食べてみたらすっぱい!どうして!?今回は、ぬか漬けがすっぱくなる理由と対処法、さらにすっぱくなってしまったぬか漬けを救済するレシピをご紹介します。

ぬか漬けがすっぱい?

ご自宅でぬか漬けを作ったことはありますか?ご家庭で代々ぬか漬けを漬けているという方や、ぬかを分けてもらって始めたという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、ぬか漬け作りは手間がかかるだけでなく、手入れを怠るとカビが生えてしまったりと難しいもので、期待した味にならないこともしばしば。長く漬けすぎてしまったり、思っていたよりもすっぱくなってしまうことも多いですよね。

今回は、ぬか漬けがすっぱくなってしまう原因は何なのか、すっぱくならないようにするにはどうしたらいいのか、ご紹介します。コツを抑えて、おいしいぬか漬けを作ってみましょう!

ぬか漬けがすっぱいのはなぜ?

そもそも、なぜぬか漬けはすっぱくなってしまうのでしょうか。ぬか漬けがすっぱくなってしまう4つの主な理由についてご紹介します。

ぬか床の温度が高い

ぬか床の最適温度は20~25度と言われていますが、それを超えると酸が出てしまい、すっぱさの原因になると言われています。夏場の風通しの悪い場所だと25度を超えてしまう場合があるので、冷蔵室や野菜室など涼しいところで保管しましょう。

ただし、ぬか床が大きくて冷蔵庫に入れられないときは、凍らせたペットボトルを置いたり、保冷剤などを使って25度を超えないようにするのがよさそうです。

ぬか床のかき混ぜが不十分

ぬか床をしっかりかき混ぜていないと、乳酸菌が活発になり繁殖してしまうのだそうです。そして乳酸菌は酸を作り出すので、ぬか床がすっぱくなる原因になってしまうのだとか。夏場は1日に2回以上、冬場は1日に1回はぬか床をかき混ぜましょう

かき混ぜる時は表面だけを混ぜるのではなく、底から混ぜることにより空気中の酸素をたくさん入れてあげるのがよいそうです。というのも、乳酸菌は空気を嫌うので、しっかりかき混ぜてあげることによって繁殖を防ぐことができるようです。

ぬか床の塩分が少ない

ぬか床の塩分が少ないことも、ぬか漬けがすっぱくなってしまう原因の一つなのだそうです。野菜をぬか床に漬けていると自然と野菜に塩分が吸収され、同時に野菜から水分がたくさん出てきます。そうするとどうしてもぬか床に含まれる塩分が少なくなってしまい、乳酸菌が活発化し、すっぱくなってしまうというわけです。

ぬか床の塩分が足りなくなったら一度野菜は全て取り出し、粗塩を加えてぬか床になじませることが必要です。その際、すぐにまた野菜を戻すのではなく、2~3日は野菜を漬けずにぬか床を休ませてあげてくださいね。

ぬか床の水分が多い

上記で述べたように、野菜をぬか床に漬けていると野菜から水分が出て、ぬか床が柔らかくなりすぎることがあります。これもぬか漬けが酸っぱくなる原因で、水分が多いと過剰発酵してしまうのだそうです。

ぬか床の表面に水たまりができてしまったり、ベチャベチャしてきてしまったら、清潔なキッチンペーパーやスポンジなどで水気を吸い取りましょう。ぬか床が少なくなってしまったら、ぬかを足してあげることも必要です。

すっぱくなったときの対処法って?

ぬか漬けがすっぱくなってしまう原因についてご紹介しました。ですが、ぬか漬けはとてもデリケートな食べ物。上記のことに気をつけていたつもりでもすっぱくなってしまう場合も考えられます。そんな時は、下記の方法を試してみてください。

酸味調整辛子ぬかを入れる

酸味調整辛子ぬかを加えてかき混ぜます。この時、野菜は一度全て取り出してくださいね。辛子には、すっぱさの原因となる乳酸菌の繁殖を抑えてくれる働きがあるそうですよ。

日本酒・ビールを入れる

日本酒やビールなどのアルコール類を加えることによって、すっぱさを緩和することができます。ただしアルコールなら何でもいいというわけではなく、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒は逆効果になりかねないので、日本酒などの醸造酒を加えるようにしましょう。

また、入れすぎると酒臭くなってしまいますので、量を調整しながら少しずつ加えてみてくださいね。

ぬか床を休ませる

上記の色んな方法を試してはみたものの、それでもやはり酸っぱいという方は、ぬか床を一度休ませてあげてみてください。なるべく涼しいところにおいて、野菜を入れずに数日間かき混ぜてあげるだけですっぱさがリセットされることもあるようですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ おしゃれ スイーツ おやつ クッキー ケーキ おにぎり パン

コロコロかわいい「どんぐり風レシピ」で食卓を秋色に染めませんか?今回はどんぐりモチーフのスイーツやおかずの作り方、おにぎりのどんぐり風アレンジレシピまで幅広くご紹介!コロコロかわいい姿に、あなたもはまってしま…

レシピ

秋が旬のすだち。脇役のイメージが強く、冷蔵庫で余ってしまうことも。そんなすだちはすだちシロップにすることで、いつでもすだちの味を楽しみことができますよ♩長期保存可能なのも◎。すだちシロップの作り方と活用レシピ…

スムージー ニュージーランド レシピ

ニュージーランドのスムージーアーティスト、Hazel Zakariyaさんの作品が「すごすぎる」と話題♩本当に食べ物なのかと疑ってしまうほどの美しさと完成度の高さなのだとか。今回はそんなスムージーアート作品を…

フレンチトースト レシピ たまご

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、おせんべいをもちもち食感のフレンチトーストに大変身させちゃいます。しかも、たった10分でできちゃう超簡単レシピ!さらにおいしくするアレンジ3種も合わせてご紹介!

レシピ

人気の副菜切り干し大根は煮物の印象が強いですよね。でも、サラダ感覚で食べられる酢の物も実はおすすめです。わかめやきゅうりを使った定番のものからアレンジサラダまで、切り干し大根の酢の物レシピをご紹介します。常備…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る