目を見張るほどおいしい!?「めはり寿司」の作り方とおすすめ店情報

古くからその地方に伝わる郷土料理。そんな郷土料理の中でもとってもシンプルな「めはり寿司」を食べたことはありますか?吉野・熊野地方の郷土料理「めはり寿司」の味わいや、お家でも作れるレシピと併せて、おすすめのお店をご紹介します。

吉野・熊野地方の郷土料理「めはり寿司」

めはり寿司は、奈良県吉野郡を中心とした吉野地方と、和歌山県と三重県にまたがる熊野地方の郷土料理なんです。高菜の浅漬けでくるんだおにぎりのようなもので、キレイなみどり色が目を引きます。手早く食べられるので、昔は農家の方のお弁当代わりでもあったのだそうですよ。

名前の由来

大きいものになると直径10センチ以上もあったといい、片手では持ちきれないほどのめはり寿司。みどり色でインパクトのある見た目や、目を見張るほどおいしさ、さらに食べる時に口を大きく開けて、自然と目を見張る格好になることからも「目を見張るような寿司=目張り(めはり)寿司」と呼ばれるようになったと言われています。

どんな味がするの?

麦ご飯のおにぎりを高菜のお漬物で巻いて作られるめはり寿司。現在では白米が使われたり、酢飯が使われることもあるのだそうです。塩抜きして使う高菜は塩味が少ないので、酢醤油をつけて食べるのもおすすめなのだとか。

めはり寿司はお家でも作れる♪

目はり寿司はとってもシンプルなお料理なので、お家でも簡単に作ることができます。シンプルなだけに作る方それぞれに味わいが微妙に変わるのも特徴なので、いろいろとアレンジを楽しむこともできますよ。高菜漬けの塩抜きはお好みで加減するようにしましょう。

作り方

高菜の漬物を3枚用意し、1枚ずつ流水で水洗いしたあと、絞って水気をしっかりと切ります。水気を切った高菜漬けを広げて芯の部分を切り取り、細かく刻みましょう。刻んだ高菜にかつおぶしをふたつまみ・白ごまを小さじ1杯・ごま油を小さじ1杯を加えてよく混ぜ合わせます。

あつあつのごはん1.5杯程度に味付けした刻み高菜を加えて、切るようによく混ぜましょう。ラップで包んで3つの俵型のおにぎりに成形します。高菜の葉をていねいに広げ、形を整えたごはんをのせて包めば完成です。

巻き方のコツ

高菜の葉を巻く時は、葉をピンッと張るようにして巻くのがコツですよ。しわをのばして巻けば、パリッとした歯ごたえのあるめはり寿司に仕上がります。

旅のおともに!お店で味わうならココ

めはり寿司をお店で味わうなら、和歌山県新宮(しんぐう)市にあるめはりずし専門店「総本家めはりや」がおすすめです。新宮市は、世界遺産に登録されている熊野古道の「熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)」の門前町としても栄える観光都市ですよ。

こちらのめはり寿司は、注文が入ってから1つずつていねいに握られています。使用する材料は、高菜のお漬物とご飯に、醤油ベースの特製だれのみというシンプルさ。ごはんの中には特製だれをまぶした茎の部分が刻んで入っていますよ。
■店舗名:總本家めはりや 新宮本店
■最寄駅:紀勢本線新宮駅 徒歩8分
■電話番号:0735-21-1238
■営業時間:10:00~21:30(ラストオーダー21:00)
■定休日:不定休
■公式HP:http://www.mehariya.co.jp/

本場の味わいをぜひ……♪

めはり寿司という名前を聞いたことはあったけど、具体的にはどんなものか知らない方も多かったのではないでしょうか。おにぎりを高菜漬けで巻いただけのシンプルなお料理なだけに、作る方によって味わいが違ってくるのが特徴です。ご紹介した手作りレシピを参考に、アレンジを加えたりしながら作ってみてください。

熊野や吉野にお出かけの際は、ぜひお店で本場の味わいを堪能してみてくださいね♪
▼日本各地の郷土料理を紹介しています♪

特集

SPECIAL CONTENTS