土鍋 ※炊き上がりがボソボソになりやすいです。

土鍋で作る場合も、ふたをして沸騰するまで中火にかけ、蒸気が出てきたら穴を箸で塞いで弱火で40分、その後強火で5秒、火を止めて20分蒸らします。上下を返すように混ぜたら保温ジャーに移し、炊飯器と同じように1日1回混ぜて3日で完成です! 炊飯器と違い火加減が一定に保ちにくいため、始めのうちは焦げたり水分が多くなったりしてしまうこともあるかもしれません。

圧力鍋

圧力鍋で作る寝かせ玄米は、短時間でやわらかくもっちりと炊くことができます。浸水時間も1時間と短めでも十分です! 火を消して自然に圧力が抜けるまでそのまま置き(蒸らし)、圧力が抜けたらふたを開けてください。あとは同様に保温ジャーや炊飯器に移し、保温と天地返しをしましょう!

手軽に寝かせ玄米ライフをスタート♪

寝かせ玄米の作り方やポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?小豆や水の分量はあくまでも目安なので、お好みで多い・少ないなど調節してみてください♪ また、小豆を黒豆にしたり、雑穀を加えたりなどのアレンジもいいですね。 食べづらい玄米のイメージをくつがえしてくれる、もっちもちの寝かせ玄米。1日目から4日目でお好みの味わいを探して食べてみてください♪
▼「自分で炊くのはハードルが高い」という方におすすめ
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ