ローディング中

Loading...

玄米をお店だけではなく、炊飯器を使った上手な炊き方を覚えれば、自宅でも気軽に食べられますね。ちょっとしたコツをつかんで、玄米を食生活に取り入れてみませんか?炊飯器を中心に、土鍋や圧力鍋を使った玄米の炊き方をご紹介します。

炊飯器で玄米をおいしく炊きたい!

玄米とは、まだ精白されていないお米のこと。白米よりも栄養面で優れており、ビタミンE、Bやミネラルなどの栄養素が豊富で、食物繊維もたっぷり含まれています。健康志向のカフェやレストランなどで、玄米が使われたメニューがよく置いてありますよね。マクロビの世界でも玄米の栄養価は高く評価されています。

そんな玄米をお店だけではなく、家でも美味しく食べてみたくありませんか?家の炊飯器で炊くと硬くてボソボソしてしまう…と思うかもしれませんが、コツさえつかめば簡単においしいモチモチとした玄米を炊くことができます。ぜひトライしてみてください!

玄米の基本的な炊き方

1. 洗う

玄米は、精米していないため糠が周りについていないので、白米のように一生懸命に研ぐ必要はありません。ボウルにお米を入れて水を流しこんだら、サッと洗い流してください。この作業を2~3回繰り返します。 最初に水につける時は吸水量が大きいので、浄水を使った方がおいしい玄米に炊きあがります。

2. もみ洗い

両手でお米をすくい上げて、手のひらですり合わせるようにもみ洗いをして水を流します。手を使いたくない時は、泡立て器で撹拌しても大丈夫です。3〜4回、玄米同士を擦り付け合うように洗ってください。玄米の表面に傷をつけることで、水分が浸透して柔らかく炊き上がります。

3. 水加減

炊飯器に玄米モードがある場合は、それに従いましょう!もし玄米モードがない場合は、玄米の量の1.5〜2倍を目安にしましょう。おおよそ、玄米2合に対して水は約600mlです。炊飯器やお米の種類によっても炊き具合は異なりますので、何度か試してみてお好みの水加減を見つけてください。

4. 浸水

玄米は、白米よりも水を吸収しにくいので、しっかりと水に浸けてください。浸水時間は6時間前後が目安です。柔らかめに炊きたい場合は8時間、歯ごたえが欲しい場合は3〜4時間程度にしてください。水に浸けることで糖が分解され「甘み」成分がアップし、たんぱく質が分解されてうまみ成分であるアミノ酸も増えます。

さらに、外側を覆っている糠が水分を含むことで柔らかくなり、食感も柔らかくなります。

5. 炊飯

お好みの加減で浸水させたら、玄米モードで炊き始めます。玄米モードがない炊飯器でしたら、前述した通り水加減を1.5〜2倍に増やして、通常モードで炊きましょう。また炊きあがりが硬いようであれば、少し水を加えて、再度炊飯しても良いですよ!

6. 蒸らす

炊き上がったら、ふたを開けずに10分程度そのまま蒸らしてあげましょう。釜の中に充満している水蒸気が少しずつ玄米になじみ、ふっくらとした粘りのあるおいしいご飯に仕上がります。

おいしく炊くコツ

・浸水時間
玄米は白米よりも吸水しにくい為、浸水時間を十分にとりましょう。浸ければつけるほど、芯からふっくらとしたお米に炊き上がります。特に冬場はしっかりと浸けましょう。

・塩を加える
米1合に対して、0.8〜1グラムの塩を入れましょう。塩を入れることで、糠や胚芽のくさみが取れますよ。水の吸収率もよくなるので、ふっくらとした柔らかい仕上がりになります。また、玄米に含まれるカリウムには苦みがあるため、塩を入れて炊くと、ナトリウムでカリウムが中和されて苦みが消えるとも言われています。
▼玄米を上手に取り入れてヘルシー実感!

白米を混ぜる炊き方

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和食

懐石料理と会席料理。どちらも日本の伝統料理として伝えられてきました。敷居の高いイメージですが、日本の料理ですので、ぜひこの機会に日本の食文化をおさらいしましょう。そして少しのマナーを押さえておけば、堂々と食事…

誰かと会話をしている中で、とどのつまりという言葉を使うことはありますか?あまり良いイメージで使われる言葉ではないようですが、どのような意味を持っているのでしょうか?意味と語源について詳しく調べてみました。

レシピ 牛肉 まとめ

私たちを魅了してやまない牛すじのレシピです。炊飯器でもおいしくできあがりますし、お急ぎのときは圧力鍋で一気に仕上げることもできます。もちろん普通に煮て、コリコリした牛すじならではの食感を楽しむのもOKです!

レシピ まとめ

さまざまなもち米を使ったレシピがあります。炊飯器だけではなくて、スピード重視の圧力鍋を駆使してくるとびっくりするくらいレパートリーが広がります!作り方によってもち米の食感がびっくりするくらい変わるのも楽しいで…

大根

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

寿司 まとめ アレンジレシピ

キャラクターや動物を模した巻き寿司「デコずし」がとてもかわいかったのでご紹介します!キャラ弁ブームの影で密かに各家庭で作られていた「デコずし」はお弁当や節分の恵方巻きにもピッタリ♫厳選した「10」個のアイデア…

お茶漬け レシピ まとめ 〆ご飯

お酒を飲んだ後は、やっぱりお茶漬け♡そんな方に読んで欲しい、お茶漬けのレシピです。お茶漬けもアレンジ次第でたくさんレパートリーがあります。その中の8選をご紹介しますね。

レシピ まとめ 卵かけごはん

ひと昔前「TKG(卵かけご飯)」という言葉がはやり、TKG専用のお醤油が販売されるなど大ブームになりました。しかし、卵かけご飯はブームなんて関係ないのです。日本人に永遠に愛される定番メニューですから。今回はお…

調味料 レシピ まとめ

タレ一つで料理がグッとおいしくなったり、まずくなったり……そんなときに役立つのが「黄金比タレ」のレシピ。今回紹介する『黄金比シリーズ』を知っていれば、料理の幅がグッと広がります♩みなさんもぜひ作ってみてくださ…

レシピ オムライス おしゃれ まとめ

ふわトロのオムライスって見た目もとってもおしゃれですよね♡おもてなしにもピッタリ!でも、普通のオムライスばかりじゃ飽きちゃう…そんな方にオススメの、誰でも失敗しないでできるふわトロオムライスとアレンジのレシピ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る