ヘルシーでおなかも満足!「玄米キッシュ」で食欲の秋を楽しもう

キッシュは、日本でもすっかり浸透したフランス郷土料理ですが、玄米ご飯を使った「玄米キッシュ」が、おいしくて健康的だと、いま話題なんです。玄米を炊けばあとは普通のキッシュと作り方はほとんど変わりません。さっそくレシピをチェックしてみましょう!

簡単でおしゃれなキッシュ

キッシュ(Quiche)とは、もともとフランスの郷土料理ですが、今や日本でもすっかり有名ですよね。卵や生クリームを使って、お好みの野菜やハム、ベーコンなどを入れ彩りよく作れば、見た目もおしゃれで、おもてなしのひと品にもなってしまいます。しかも簡単にできるとあって、人気を集めています。

SNSを中心に玄米キッシュが大人気!

「玄米キッシュ」とは、キッシュの生地部分を玄米ご飯で作る料理です。玄米が体にいいということで見直されていますが、キッシュのタルト部分を玄米にすれば、低カロリーで腹もちもよく、満足感アップ!ということで、注目を浴びているんです。キッシュはおいしいですが、やっぱり気になるのはカロリーのこと……。玄米で生地を作ればその心配もいりません。

玄米キッシュの作り方

塩、小麦粉、牛乳を混ぜ、あらかじめ炊いておいた玄米に加え、材料がよくなじむようにすりつぶします。焼型にバターをぬり、手は水でぬらして、型の中でキッシュの土台部分が均等になるように、手でならしていきます。できたらオーブンで15分焼きましょう。

ほうれん草は下ゆでして食べやすくカット、玉ねぎは薄くスライスし、玉ねぎとほうれん草は軽く炒めます。同じフライパンで、サーモンを入れ、白ワインを注いで加熱し、皮と骨は取り除きます。ほうれん草と玉ねぎ、サーモンは卵、牛乳、生クリーム、しょう油で混ぜ合わせ、焼きあがった土台の上に流し入れます。

ピザ用のチーズをふりかけ、オーブンで30分前後焼いたら完成です。粗熱を取って少し冷ましてから型からはずしましょう。

玄米キッシュのレシピアイデア5選

1. きのこの玄米キッシュ

こちらは、パイ生地は薄力粉で作ります。炒めた玉ねぎ、にんじん、しめじ、ひき肉と玄米を混ぜ合わせて、パイ生地の中に流し込んでから、卵、牛乳、生クリームを混ぜたものを塩コショウで味つけしてトッピングします。最後にチーズをのせてオーブンで焼きましょう。 パイ生地はバターがわりに菜種油を使うと、さっぱりサクサクっと作れます。

2. チンゲン菜を使って

玄米は炊飯器で炊き、炊きあがったらゆかりを混ぜて少しすりつぶし、ラップでまとめて粗熱を取りましょう。焼型にクッキングシートを敷き、玄米とゆかりを混ぜたものを伸ばしながら型の大きさに合わせ、オーブンで焼きます。チンゲン菜、ベーコン、玉ねぎは食べやすく切り、フライパンで炒めて味をつけます。

牛乳、卵、コンソメで卵液を作り、土台が焼きあがったら炒めた具材を入れ、その上に卵液をかけて再度オーブンで焼いてください。玄米はしっかり冷ましたほうが、土台にするときに使いやすいので、冷蔵庫で冷やすのがおすすめです。

3. 雑穀でもOK!ごはんdeキッシュ

炊きあがった玄米(あるいは雑穀米)は、バターと塩コショウを入れてよく混ぜておきます。焼型に土台として敷き詰めましょう。フライパンでハムとアスパラガスを炒め、味をととのえたら、土台の上に入れ、卵や牛乳で作った卵液を流し込みます。その上にオリーブとトマトを散らし、お好みでチーズをふりかけてオーブンで焼けばできあがりです。

まるでふわふわオムライスのようなキッシュが完成します。最後にケチャップをつけて食べてもおいしいですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS