【基本】シンプル食材で極める!「肉雑炊」の作り方

鍋の〆のイメージが強い雑炊ですが、たまには始めから雑炊を作ってみるのもいかがでしょう?シンプルな食材でも、しっかり手順を踏むことで見違えるおいしさになりますよ。あまり食欲がないときや、呑んだ〆にもぜひ!

2018年6月28日 更新

肉雑炊の基本レシピ

肉雑炊の完成写真

Photo by 前田未希

「イマイチ味が決まらない……」「お米がお粥みたいになる」など悩みを抱えていませんか?ここでは、いつもの食材で今日からできる基本の作り方をご紹介します。

下ごしらえをしっかりと行うと、決して「雑」ではない立派なひと品になりますよ。

材料(2人分)

【食材】
・薄切り牛肉……50〜60g
・ごはん……小盛り2膳(260g程度)
・出汁……400cc
・塩……ひとつまみ
・卵……1個
・万能ねぎ……1〜2本

【合わせ調味料】
A 醤油……大さじ2
A みりん……大さじ1
A 酒……大さじ1
A 砂糖……小さじ1

作り方

1. 牛肉は食べやすい大きさにカットする。

カットした牛肉

Photo by 前田未希

2. 鍋に湯を沸かし、牛肉の色が変わるまでさっと下茹でする。

牛肉を下茹でする写真

Photo by 前田未希

3. 別の鍋にだし汁を用意し、塩を加えてひと煮立ちする。

煮立たせただし汁

Photo by 前田未希

今回は昆布と鰹の合わせだしを使用しましたが、おこのみのだしで構いません。顆粒だしを使用する場合は、2gが目安です。

塩は出汁の旨味を引き出すためのものなので、すでに味が調整されている顆粒だしの場合は不要です。

4. だし汁に牛肉と合わせ調味料を加えて、ひと煮立ちする。

だし汁を煮立たせる写真

Photo by 前田未希

1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

前田未希

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう