カレー粉から作る「イエローカレー」基本レシピと人気アレンジ5選

タイを代表する「イエローカレー」は、ナッツミルクの甘い香りとマイルドな味わいの中にピリっとしたスパイスの刺激が魅力のカレー。今回は、そんなイエローカレーをカレー粉から作る方法についてご紹介します。アレンジレシピも5つピックアップしてますよ。

2018年11月3日 更新

イエローカレーでタイ気分を満喫◎

イエローカレーとライス

Photo by uli04_29

イエローカレーとは

イエローカレーとは、タイカレーの一種。グリーンカレー、レッドカレーと並ぶタイを代表するカレー。タイではゲーン(スープ)として親しまれています。鮮やかな黄色がうつくしいカレーで、辛さがマイルドでココナッツミルクをたっぷり使うことで濃厚な味わいに仕上げるのが特徴です。

ほかのカレーとの違い

タイのハーブやスパイスをたっぷり使うグリーンカレーや、唐辛子多めのレッドカレーは辛さや独特の風味でパンチが強く、タイカレーに慣れていないと少し刺激が強すぎることも……。

一方、イエローカレーは、タイカレーの中でもっともマイルドでクセのないカレー。日本で秋ウコンとして知られているターメリックを使って鮮やかな黄色のカレーに作られています。日本人の口にもよく合うと言われているため、タイカレーデビューにおすすめのカレーです。

市販のペーストも

タイカレーは基本的にカレーペーストから作る場合がほとんどです。カレーペーストとはスパイスやハーブ、にんにくやしょうがなどの香味野菜が配合されてペースト状になっているもの。ペーストを使えば、具材とココナッツミルクなど少しの材料ですぐにカレーを作ることができます。

輸入品店やスーパーのエスニック食品売り場などで売られていることもあるので、ぜひ探してみてください。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう