5. 煮詰める

Photo by migicco

ふつふつと沸いてきたら残りの砂糖を入れて弱火にし、かき混ぜながら30〜40分煮ましょう。途中、アクが出てきたら取り除きます。かき混ぜないと焦げてしまうので、火の側を離れないようにしてください。 鍋の中のジャムが透き通って、とろみがついてきたら完成です。

梅ジャムには冷凍梅を使うと時短に!

もし時間がある場合は、梅をあらかじめ冷凍しておくと短い時間でジャムを作ることができますよ。下ごしらえをしてから冷凍すれば、煮崩れるまでの時間が短くなり、果肉を潰す必要がなくなります。

梅酒の残り実で作る梅ジャムの作り方

梅酒の中に入っている梅で作る、梅ジャムレシピです。すでにやわらかい状態なので、煮込み時間は短め。お砂糖の量を増やして甘めにしたり、レモンを足して味付けするなど、アレンジを楽しむのがおすすめです。

梅ジャムの保存方法と保存期間

完成した梅ジャムは、熱いうちに煮沸消毒した瓶に入れ、鍋で15分煮て脱気(瓶の中の空気を抜いて、より雑菌が繁殖しづらくする処理)をすると日持ちします。きちんと脱気して瓶に詰めたジャムは、未開封で3〜6ヶ月は保存できるので、すぐに食べない分は瓶詰めにすると長く楽しめますよ。

すぐに食べる分のジャムは清潔な容器に入れ冷蔵庫で保管し、2〜3週間以内に食べ切るようにしましょう。

食べ方いろいろ。梅ジャムの活用レシピ10選

1. 食後のデザートに。梅ジャムさっぱりシャーベット

梅ジャムのさっぱりした酸味が爽やかな、冷たいデザートのレシピです。袋に入れて凍らせながら、ときどき袋をもみほぐすだけで、口当たりのよいシャーベットのできあがり。さっぱりとしたシャーベットに、仕上げとしてさらに梅ジャムをプラスするのもおすすめです。お子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

2. マイルドなおいしさ♪ 梅ジャム風味の生チョコ

甘酸っぱい梅ジャムが入った、生チョコのレシピです。濃厚なチョコの甘みに、梅ジャムの酸味がぴったり!酸っぱくなりすぎずに、爽やかな風味を楽しむことができますよ。ラム酒を入れるので、ちょっぴり大人なお味です。ワインやウイスキーと一緒に食べたくなります。

編集部のおすすめ