ライター : akiyon

犬のお散歩とお弁当作りが日課の主婦ライター。「食」や「暮らし」の分野での、トレンド情報・レシピなどをお届けします。特にカルディや成城石井の商品についての実食レポ多数。おすす…もっとみる

豚こま肉をおいしく食べるレシピ10選

macaroni動画レシピから、リーズナブルな豚こま肉をおいしくいただく、アイデアレシピ10選をお届けします。「こんな調理法があったの?」というような、簡単なアイデアレシピが盛りだくさん。 合わせて、保存袋で下味をつけて冷凍する「下味冷凍」や便利な「作り置き」、「ねぼすけ」シリーズからもご紹介します。これを機に、毎日のお食事作りにご活用くださいね♪

1. さくさくボリューミー!「ざく切り豚コマメンチ」

Photo by macaroni

まずご紹介するのは、食べ応えがあって、かつ野菜もたっぷり入った「メンチカツ」。ざく切りにした豚こま肉に、キャベツをたっぷり混ぜた肉ダネに衣をつけて、フライパンで揚げ焼きするレシピです。 肉ダネの味付けにウスターソースを入れることがポイント。深い味わいになり、キャベツや玉ねぎの甘味・食感とともにおいしくいただけますよ♪ ひき肉がなくても、豚こま肉さえあればメンチカツができるなんて、知っておいて損はなし!

2. おいしくかさ増し!「豚肉巻き麩とアスパラのチリソース煮」

Photo by macaroni

こちらは、豚こまと「お麩」を使った節約レシピ。水で戻したお麩を豚こま肉で巻いて、チリソース味に煮込むだけの簡単レシピなので、お料理初心者でも簡単にできますよ♪ お麩の水気をしっかり絞ることがポイント。また、型崩れを防ぐコツは、お肉をしっかり強めに巻くことです。 豚こまの利用法だけでなく、余りがちなお麩を使ったアイデア料理。お麩がお肉のような食感になるので、“かさ増しメニュー”のひとつとして覚えておきたいですね♪

3. マスタードが隠し味!「豚こま肉の照り焼きチーズボール」

Photo by macaroni

特別な日のメニューにも、お弁当のおかずにもなるメニューをご紹介。チーズを豚こまで包んだミートボールを、フライパンで甘辛味に焼いた「チーズボール」です。 コツはひとつだけ。チーズがはみ出た部分を覆い隠すように、豚こま肉を一枚ずつ丸めるように包むことです。 隠し味として入っている“マスタード”がアクセントになって、いつもの甘辛味に飽きた方にもおすすめのレシピです!

4. ぜーんぶレンジで!「ふんわりバター香るころころ大根丼」

Photo by macaroni

次にご紹介するのは、電子レンジ調理のみで完成する「大根丼」レシピです。角切りにした大根を、調味料とともに加熱し、あとから豚こま肉とまいたけを加えて再度加熱してできあがり♪ ごはんの上にかけて「丼」にしていただきます。オイスターソースと最後に合わせたバターが、ごはんに合うんです! 最初に調味料で大根を加熱しておくことで、味が早く染み込むのでこのテクは時短調理法としておすすめですよ。

5. すぐ出しメニュー!「フライパンで簡単プルコギ」

Photo by macaroni

食べたいときにすぐ作れる「すぐ出しメニュー」をご紹介。下味をつけた豚こま肉と生野菜を、一緒にジッパー付き保存袋で冷凍する、下味冷凍の「プルコギ」です。 下味を肉に揉みこむところから保存まで、すべて袋一枚でできるので、手もほとんど汚れません。食べたいときにフライパンで加熱してできあがり! 冷凍したものを一回分ずつ切り取りやすくするコツや、フライパンで解凍しながら上手に加熱する方法も同時に学べるレシピです♪ ぜひお試しを。

編集部のおすすめ