葛粉で本格派。ごま豆腐

30 分 冷蔵庫で冷やす時間は除きます。

基本の和食。「ごま豆腐」のレシピと作り方を動画でご紹介します。市販の練りごまを使い、葛粉を使った基本的なごま豆腐の作り方です。もっちり、ねっとりとした口当たりで濃厚なごまの香りが口に広がります。お酒のおつまみや、人が集まる機会にもぴったりなひと品です。

ライター : macaroni_channel

macaroniの公式動画アカウントです。トレンドや時短・スイーツ・あっと驚くアイデア料理や、ナプキンやフォークなどのアイテムを使ったハウツー、料理がもっと楽しくなる便利なキッチン…もっとみる

材料

(4〜8人分)
  • 400cc
  • 昆布だしの素 小さじ1杯
  • くず粉 40g
  • 練りごま(黒) 40g
  • ひとつまみ

作り方

1

ボウルにくず粉、水、昆布だしの素、塩を加えて混ぜます。

【作り方】ごま豆腐

2

練りごまの入ったボウルに①をすこしずつ加えながら混ぜ合わせ、ザルで漉して鍋に移します。

【作り方】ごま豆腐

3

鍋を弱火にかけ、ゴムベラで絶えずかき混ぜながら15〜20分ほど加熱します。※底の方からしっかりと混ぜてくださいね。

【作り方】ごま豆腐

4

火からおろし、水で濡らした流し缶に③を流し入れ、表面を平らにならします。粗熱が取れたらラップをかけて冷蔵庫で1〜2時間冷やします。

【作り方】ごま豆腐

5

食べやすい大きさに切り分け、お好みでわさびを添え、しょうゆをかけて完成です。

【作り方】ごま豆腐

コツ・ポイント

・焦げないように絶えずかき混ぜながら煮詰めてください。
・ヘラですくってポテッと落ちるくらいの硬さまで練り上げてください。

管理栄養士からのコメント

栄養価(全量)

カロリー:402kcal

タンパク質:8.4g

脂質:24.5g

炭水化物:41.4g

食塩相当量:1.7g

ワンポイントアドバイス♪

ごまは「食べる丸薬」と言われるほど栄養価の高い食品です。カルシウム、鉄、マグネシウムや、抗酸化作用が期待される「ゴマグリナン」という成分が豊富に含まれています。ごまは表面の皮が硬く、そのままでは消化吸収されにくいため、すりごまや練りごまにして摂るのがおすすめです。
関連の動画はこちら

特集

FEATURE CONTENTS