夕顔(ゆうがお)の知られざる正体と簡単おいしいレシピ20品

「夕顔」と聞いてすぐイメージできますか?かんぴょうの材料かな……というイメージの方はいらっしゃると思いますが、食材としてあまり知られていないのでは?今回は「夕顔」の知られざる正体とおいしいレシピをご紹介します!

そもそも、夕顔って……?

夕顔とは、食用とされるウリ科の植物でキュウリやゴーヤなどの仲間で、国内では栃木県が有名な産地です。長いひょうたん型の長夕顔と、丸い丸夕顔があります。

夕顔は主にかんぴょうの原料としては使われていますが、なかなかお料理をして食べるものと認識されていませんよね。でも実は、夕顔はどんなお料理にも味が馴染みやすいという特徴があるんです!さらに柔らかいので、調理が楽という一面もあるんですよ!

あなた色に染めちゃえ!夕顔の煮物レシピ5選

1. 豚バラと夕顔の煮込み 白味噌仕立て

豚バラブロックと夕顔を白味噌と昆布茶で味付けた煮汁で煮込んだ、はんなりとしたひと品です。まるで割烹で食べているかのような繊細なお味になります!お好みで糸唐辛子をトッピングして、味にアクセントを加えてもおいしいですよ。白味噌で煮たからこそ、、夕顔の透明感が残りきれいな見た目に仕上がります。

2. 夕顔と鶏もも肉の炊いたん

夕顔を鶏もも肉と和風テイストで煮たひと品。できたてもおいしいですが冷やして食べてもおいしいですよ。冷やして食べるときは、夕顔が半透明になったら取り出し、鶏肉だけ少し長めにやわらかくなるまで煮るのがポイントです。ピリ辛が好きな方はトウガラシを加えてアレンジしてみてくださいね。

3. 豚バラと夕顔の中華風煮込み

豚バラブロックのうま味が溶け出したとろっとろの煮込み料理です。煮えたら風味付に、ごま油を少し垂らすのがポイント。ごま油のいい香りが広がります。こちらのレシピは煮物にもなりますが、スープを多めにするとポトフっぽく食べることもできます。豚バラブロックがないときは他のお肉で代用可能です!

4. 夕顔と海老の含め煮

こちらは海老と夕顔をお好みの濃さの白だしで煮て冷やせば完成の、忙しい日にうれしい簡単レシピです。海老の赤と夕顔の白がきれいなので、食卓を彩ります。暑い夏でもさらっと食べれる、こちらのようなひと品があるとみんなよろこびますね!アクセントにゆずこしょうなど加えてみてもおいしいです。

5. 夕顔と鶏から揚げの冷たい含め煮

夕顔と唐揚げの衣が煮汁を吸ってご飯がすすむコクのある煮物です!調理のポイントは鶏もも肉を片栗粉をまぶすこと!軽く揚げてから、最後に煮汁と合わせると、つるんとした食感に仕上がります。完成したら冷蔵庫でしっかり冷たくして食べるので、朝のうちにさっと作っておくと、夕飯前がちょっと楽になりますね。

特集

SPECIAL CONTENTS