3. 土佐文旦とフルーツトマトのバジルサラダ

文旦とフルーツトマト、そしてバジルをミックスしたお手軽サラダのレシピ。食材をちょうどいいサイズにカットしたら、オリーブオイルで和えます。そして、岩塩で味を整えたら完成!フルーツトマトは食べる直前に氷水で冷やすと甘みが増すのでおすすめです。皮がかためなので、湯むきをしても大丈夫ですよ♪

4. 文旦のマリネ

皮をむいて房から取り出した文旦。それを煮立てた白ワインとハチミツでマリネするレシピです。柑橘類はむいてからしばらく置いておくとカサカサになりがちですが、これなら作り置きもできちゃうのも魅力♪冷蔵庫でひと晩いれておくと、味がなじんでおいしくなるのでおすすめです。

5. 甘さ控えめ♪手作り文旦ジャム

文旦の手作りジャムレシピ。このレシピでは、グラニュー糖を30%にすることで甘さ控えめに仕上げてあります。房を取り出したら内皮や種をとりのぞき、グラニュー糖を全体にふりましょう。そのあと、ラップをして冷蔵庫でひと晩おいておいて、次の日に煮詰めていくのがおいしく作るコツです。 パンやヨーグルトにぴったりなジャムができ上がります♪いろいろな方法で楽しみましょう!

一度食べればきっとお気に入りの食材になっちゃう文旦♪

大きくて黄色い色合いをした魅力的な柑橘類「文旦」。おいしいものの選び方や食べ頃、おすすめの食べ方やレシピをご紹介しました。「文旦」は皮が厚くて扱いにくいイメージがありますが、簡単なむき方や料理のレシピでもっと身近に感じられますよ。そのまま食べてもアレンジしてもおいしく食べられるのがうれしいところ。
▼柑橘系の果物は魅力がいっぱいです♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS