大分名物「吉野とりめし」のレシピ!地域で異なる絶品「鶏飯」3選も

にんにくとしょうゆの香りが食欲をそそる、大分名物「吉野とりめし」のレシピをご紹介!そのおいしさは、グルメ漫画『美味しんぼ』にも取り上げられるほど。今回は吉野とりめしに加えて、全国のご当地"鶏飯"レシピも3つ掲載、ぜひご自宅で食べ比べてみてくださいね。

2019年5月31日 更新

大分名物「吉野とりめし 」の作り方

お茶碗によそったとりめし

Photo by uli04_29

甘辛い味付けと鶏肉のコクがたまらない吉野とりめしは、大分の吉野地区で受け継がれる伝統の郷土料理。吉野とりめしの特徴は、具材をご飯と炊き込むのではなく白ご飯に甘辛く炒めた具材を混ぜ合わせて作ること

今回は、ごぼうと鶏肉を使った基本の吉野とりめしレシピをご紹介していきます。にんにくの香りと、食材の良さを活かしたとりめしのおいしさは想像以上ですよ。

材料(3人分)376kcal/人 ※

とりめしの材料写真

Photo by uli04_29

・ご飯……2合分
・鶏もも肉……200g
・ごぼう……1本

調味料

・しょうゆ……大さじ3杯
・砂糖……大さじ1杯
・料理酒……大さじ2杯
・にんにく……ひとかけ

※使用する鶏肉はもも肉でもむね肉でもOKです。もも肉で作ると脂が染み出してがっつり、むね肉で作ると淡泊な鶏肉本来の味わいが堪能できます。お好みで使い分けましょう。

作り方

カットしたごぼうと鶏肉

Photo by uli04_29

1. ごぼうはささがきにして水にさらし、鶏肉は皮と身を別々にひとくちサイズに切ります。にんにくはすりおろしておきましょう。
フライパンで鶏肉を炒める写真

Photo by uli04_29

2. 熱したフライパンで鶏肉の皮だけを最初に炒めて、脂を出します。鶏皮がカリカリになったら、一旦鶏皮を取り出して鶏肉の身を炒めていきます。
フライパンで鶏肉とごぼうを炒める写真

Photo by uli04_29

3. 鶏肉に火が通って色が変わってきたら水を切ったごぼうを加えて、しんなりするまで炒めます。
鶏肉とごぼうを炒めたフライパンに調味料を加える様子

Photo by uli04_29

4. ごぼうがしんなりして、軽く焼き目がついたら分量の調味料すべてと、すりおろしたにんにくを加えて絡ませるように煮詰めていきます。
具材を煮詰める写真

Photo by uli04_29

5. 煮汁がほとんどなくなったら、取り出しておいた鶏皮を戻し入れてさっと炒めて火を止めます。

※ここで煮汁がまだ残っていると、ご飯と和えたときに水っぽくなるのでしっかり煮詰めておきましょう。
ボウルにご飯と具材を入れた写真

Photo by uli04_29

6. 炊きたてご飯に炒めた具材を合わせて、しゃもじで切るように混ぜます。
鶏肉とごぼうのささがきを混ぜ込んだ吉野とりめし

Photo by uli04_29

7. ご飯と具材が一体になるように、しっかり混ざったら完成です。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう