ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

1. うな丼が主役の献立案

【メイン】うなぎ丼

市販のうなぎを使った蒲焼きアレンジ、もっとおいしく調理したうな丼レシピ。元のタレを洗い流し、フライパンとグリルで再度味つけしたうなぎは、ふんわりと柔らかく仕上がります。刻み海苔、ワサビを添えていただきましょう♪

【副菜】キュウリとザーサイの和えもの

キュウリとうなぎの組み合わせは相性抜群。そこにザーサイのコリコリの歯ごたえを加えて、クセになるサラダです。塩とごまの、あっさりコクのある風味はうな丼のタレのコクとは一味違った味を体験できます。

【汁物】しじみとわかめの味噌汁

どんな暑い夏の日も乗り切れる!ということで、鉄分たっぷりのしじみの味噌汁のレシピです。しじみだけの味噌汁を楽しんだら、翌日にはわかめを入れてアレンジすると同じ味噌汁で2種類の味を楽しめることができます。

2. うなぎの蒲焼きが主役の献立案

【メイン】うなぎの蒲焼きむすび

大勢でも楽しめる、うなぎの蒲焼きをおむすびにしたレシピ。ポイントは、お米を固めに炊くこと。炊き上がったごはんにタレを絡めるので、固めに炊くことでタレを思い切り吸わせることができます。もらったうなぎの蒲焼きが家族分ないといったときでも、おいしくおなかいっぱいうなぎを楽しめるレシピです♪

【副菜】トマトときゅうりのサラダ

フレンチドレッシングの酸味がトマトときゅうりの旨味を引き立てる、シンプル洋風サラダ。うなぎのこってりとした風味の箸休めとしておいしいレシピです。ポイントは刻んだ玉ねぎの食感。シャキシャキと歯ごたえたっぷりな、噛んでいるだけで元気が出てきそうなサラダです。

【汁物】新じゃがのスープ

じゃがいものスープは、温かくても冷たくてもおいしく食べることができます。意外に洋風テイストと合ううなぎの風味は冷たいビシソワーズの甘みと相性が良く、夏の暑い日の夕食に食べたいひんやりメニューです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ