ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

魚焼きグリルを使った!うなぎの蒲焼の焼き方

Photo by uli04_29

お店で売られているうなぎの蒲焼きを、魚焼きグリルを使ってあたためていきます。最大のポイントは、うなぎについているたれを洗い流して焼くこと!たれのついていない状態で焼けば、しっかり香ばしく焼き上げることができます。

1. 水でたれを洗い流して水気を拭きとる

Photo by uli04_29

水、もしくはぬるま湯でうなぎについているたれを洗い流します。たれを洗い流したら、キッチンペーパーで丁寧に水気を拭き取っておきましょう。

2. 酒をふってアルミホイルで包む

Photo by uli04_29

大さじ1杯ほどの酒をまんべんなくふり、アルミホイルで包みます。

3. 魚焼きグリルで3分蒸し焼きにする

Photo by uli04_29

アルミホイルに包んだまま、魚焼きグリルに入れて中火で3分蒸し焼きにします。

4. アルミホイルを広げて片面を1分ずつ焼く

Photo by uli04_29

アルミホイルを広げて、中火で両面を約1分ずつ焼きます。表面が香ばしく焼けたら完成です。お好みで手作りや付属のたれをかけて食べましょう。

トースターでもOK

トースターで使う場合も、魚焼きグリルの場合と同じ手順です。アルミホイルに包んで5分ほど蒸し焼きにしてから、アルミホイルを広げて、表面がこんがりするまで焼きましょう。トースターによって火力が違うので、焦げないように様子を見ながら焼いてくださいね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS