年々高くなるうなぎ…。でもやっぱり食べたい!食べたい!食べたーい!

いよいよ土用の丑の日。最近、ますますお高くなったうなぎですが、土用の丑の日にはやっぱり食べたーい!うなぎがたくさん手に入らなくても、いろんな食材と組み合わせたり、少し工夫をしたりすると大満足の一品に。うなぎをおいしく味わう方法と、ちょっぴり変わり種の食べ方をご紹介します。

2019年7月9日 更新

鰻が捕れないからって、最近の値上がりは本当にキツイ

うなぎが乗った丼

Photo by bluesheepmico

だからと言って、甘辛いタレがたまらない、脂が乗ったうなぎを諦めるなんて……ありえない!大食いしん坊の私は、お手頃の外国産だって、量が少なくたって、頭をフル回転させておいしく食べる方法を考えます。

さぁ!一度見たら“よだれダラ~”な鰻の世界へレッツゴー!

お手頃うなぎをおいしくいただく、基本の作業

まず初めに、スーパーの鰻を少しでもおいしく食べる、大切な一手間です。

それは、うなぎをぬるま湯で洗う!こと。
スーパーに並んでいる、調理されてパックに入ったうなぎは、買ってきたらぬるま湯(30℃くらい)で洗い、表面のタレとぬめりを綺麗に落とします。

その後、お酒をかけて、フライパンで軽く蒸し焼きに。お皿に乗せて、お酒をかけてラップをしてレンジでもOKです。その後、お好みでうなぎのタレをはけで塗ります。

うなぎを洗う?

少しビックリしますよね。私も初めは、「うなぎを洗うの?」と恐る恐るでしたが、これをするだけでお手頃のうなぎもふっくらと柔らかく仕上がり、ビックリするくらいおいしくなりますよ。

スタミナ満点!うなとろ丼。

お茶碗に盛ったうなトロ丼

Photo by bluesheepmico

うなぎととろろ。お馴染みの組み合わせですが、ふたつとも夏バテには持ってこいの食材ですね。うなぎの脂をとろろがあっさりとさせてくれて、どんどん食べられちゃいます。

夏バテなんて飛んで行け!

厚焼き卵でかさ増し作戦!うな玉丼。

白いお皿に盛ったうな玉丼

Photo by bluesheepmico

ひとり一尾とはいかない時は、必殺!厚焼き卵でかさ増し作戦です。うなぎと卵焼き、卵焼きとうなぎのタレ、どちらも相性は恋人並みです。

卵も厚めにカットして、うなぎと共にドドーン!と盛り付けます。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

bluesheepmico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう