ヘルシー豆乳料理レシピ20選♪ スープやデザートにも!

大豆を原料とするヘルシーな豆乳は、そのまま飲んでももちろんおいしいのですが、いろんな料理に活用することもできます。今回は、豆乳を使ったスープ、煮込み料理、ソース、デザートまで幅広くレシピを紹介します。ぜひ豆乳を活用してみてくださいね。

豆乳は料理によって使い分けを

幅広く使える無調整豆乳

市販されている豆乳には、無調整豆乳と調製豆乳とがあります。この二種の他にも豆乳飲料があり、これらはJIS規格によって定義されています。

無調整豆乳は、大豆固形分8%以上、大豆たんぱく質3.8%以上のもので、糖分や香料などは含有しておらず、シンプルに大豆と水で作られたものを指します。そのため、料理に使用するのがおすすめです。

▼キャップつきで使いやすいおすすめの豆乳

ITEM

《冷蔵》 めいらく スジャータ 無調整有機豆乳 900ml×12本(1ケース)

有機豆乳12本セットです。無調整豆乳のため、豆腐を作ることもでき、幅広くさまざまな料理に活用することができます。キャップつきなので使いやすく衛生的。賞味期限は製造から90日となっています。

¥2637〜 ※2018年3月8日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

ほんのり甘い調製豆乳

調製豆乳は、JIS規格で大豆固形分6%以上、大豆たんぱく質3.0%以上の豆乳を指します。無調整豆乳はほとんど大豆と水のみから作られていますが、調製豆乳は飲みやすくするために糖類、乳化剤、香料などを含有しています。そのため、無調整豆乳に比べるとほんのり甘く、そのまま飲んでもおいしくいただくことができます。

▼甘くて飲みやすいおすすめ調製豆乳

人気の豆乳スープレシピ5選

1. かぼちゃの豆乳スープ

野菜はかぼちゃとにんじんのみを使用した、シンプルな豆乳スープです。材料が少なく、固形スープの素を使うので、15分程度で簡単に作ることができるお手軽スープです。豆乳がベースなのでクリームスープとしてはヘルシーですが、バターが入っているのでコクもあってまろやかですよ♪

2. 豆乳みそスープ

ベーコンと玉ねぎをバターでしっかり炒め、豆乳と味噌だけで味付けするスープです。豆乳と味噌を使用しているので和の雰囲気がありますが、ベーコン、玉ねぎ、バターで洋風スープらしさもあるスープです。こってりスープばかりでなく、たまにはほっとひと息、みそスープもいいですね。

3. ピリ辛豆乳スープ

白菜やにんじん、しいたけなどのたっぷりの野菜と、豆腐、豚肉が入ったスープです。豆板醤、味噌、ごま油などでピリ辛に味付けした、チゲのようなスープです。ピリ辛ながらも豆乳がベースなので、こっくりまろやか♪

余ったらごはんやうどん、中華麺を入れてアレンジするのもおすすめですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS