簡単チョコソースのレシピ♪ アレンジも一緒に楽しもう

パンやアイス、フルーツのトッピングまで、チョコソースの活用範囲はとっても広いんですよね。大きなボトルで冷蔵庫に常備している方も多いのではないでしょうか?このレシピでは少量からすぐに作れるレシピと活用術をご紹介します。ぜひお試しあれ♪

2018年11月2日 更新

チョコソースの基本レシピ

器に入っているチョコソース

Photo by ako0811

チョコソースは、ネーミングの通りチョコを溶かしたソースです。作り方はさまざまですが、ここでは基本の牛乳とチョコで作るご紹介。風味をアップし、扱いやすいよう粘度を加えるために家にありそうな「アレ」でアレンジしています♪

ケーキやアイスのトッピングに少し欲しいだけ、また肉料理の隠し味にちょっと足したいだけ……そんな方にもおすすめです。少量でも失敗なく作れるチョコソースは、意外と日々の食卓に便利な万能選手。この機会にぜひ作ってみてくださいね。

材料(小鉢ひとつ分)

チョコソースの材料

Photo by ako0811

ビターチョコレート 50g
牛乳 40g
フレッシュ 2個
水あめ(はちみつ) 小さじ1

※水あめは粘度を付けるために使用します。なくてもOKです。
※フレッシュは生クリームでもOKです。

作り方

1. チョコレートを刻みます。
チョコレートを刻んでいる様子

Photo by ako0811

水気のない乾いたまな板の上でチョコレートを細かく刻みましょう。

※細かく刻むことで溶かす際に均一の速さで全体を溶かすことができ、ムラが生じません。また溶けるまでの時間も短時間となり、チョコレートの風味が飛びにくくなります。
2. 鍋に牛乳、フレッシュ、水あめを入れて加熱します。
材料を入れている様子

Photo by ako0811

小鍋に、牛乳、水あめ、フレッシュを入れて80℃くらいに温めます。80℃とは沸騰直前くらいの温度。鍋の縁にフツフツと気泡が出てきたら火から降ろしましょう。
3. 刻んだチョコレートを加えます。
刻んだチョコレートを加えてゆっくり混ぜ合わせます。室内の温度により牛乳が冷めてしまいなかなか溶けない場合は、その都度ゆっくり火にかけてもOKです。この際も煮立たせないように注意してくださいね。
4. できあがりです。
出来上がったチョコソース

Photo by ako0811

チョコレートの粒々がなくなり、全体にムラなく滑らかに溶けたら完成です。ホットチョコソースの場合はそのまま、ストックする場合は粗熱をとり、別容器に移しましょう。

作りたては粘度がなくサラサラしていますが、冷えるとチョコペンくらいの固さになります。用途に応じて温めたり、冷やしたりして固さを調節し使うようにしてください。

作るときのコツ

1. チョコソースは、使用するチョコレートによりぐっと表情が変わります。ブラックやビター、ミルクチョコなど、お好みでアレンジしてみてください。

2. 固さはお好みで調節してください。でき立てはスプーンですくってさらっと落ちる緩さで、アイスやパンケーキなどのトッピングに最適です。冷蔵庫で冷やすとチョコペンくらいの固さになります。その際は、クッキーやケーキのデコレーションなどにおすすめです。

3. 最後にラム酒やバニラエッセンスなどを加えると風味がアップしておすすめです♪
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう