2. 若竹煮

たけのこの輪切りをワカメと一緒に煮た「若竹煮」も、たけのこの歯ごたえや風味を楽しめる定番のひと品です。塩とだし汁のみでシンプルに味付けし、素材の持つうまみを前面に出しましょう。 たけのこは下茹でが済んでいるので長く煮る必要はありません。さっと煮るだけで十分です♪

3. たけのこと山うどのパスタ

シャクシャクとした歯ごたえのたけのこは、パスタの具にすると食感のアクセントになります。春の味覚の山うどと一緒に、バターの風味を効かせた和風パスタに仕上げましょう。 酒盗をアンチョビのように味付けに使います。ない場合は塩辛で代用してもOKですよ♪

今日からは自分でたけのこの下ごしらえをやってみよう♪

春の味覚、たけのこの下ごしらえ方法から皮むきの方法をご紹介しました。自分で下茹でし、皮をむいたたけのこは、なんだか愛おしく思えてきますよ。下ごしらえが終わったら、とびきりおいしいお料理に変身させてあげましょう。 最近はスーパーの野菜売り場に、下ごしらえ方法を説明したチラシを置いていることも多いので、もし見かけたら持ち帰っておくと安心です。今年の春はたけのこの皮むきにトライして、お料理の腕をレベルアップさせてみましょう♪
▼たけのこを使った絶品レシピも一緒にチェック!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ